Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

冬キャンプ しっかり防寒対策をして楽しもう!

もうすぐ冬がやってきます。キャンプというと夏のイメージですが、もちろん冬だってできます。ただ、もちろん寒いので、防寒対策はしっかりしなくてはいけません。冬キャンプの防寒対策のポイントをご紹介します。今年、冬キャンプに初挑戦してみるのはいかがですか?

view513

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • もちろん一番寒いのは、夜から明け方にかけてです。つまり、眠る時の防寒対策が一番重要。シュラフに入り、テントの中で横になるわけですが、では、どのようなシュラフを選び、テントの中の防寒対策はどのようにしたらいいのでしょうか?

  •  

    寒冷地用のシュラフ。
    モンベルなどのアウトドアブランドでは、「リミット温度マイナス○○℃」というように、使用限度の気温に応じて、たくさんのシュラフが出ています。
    その分、値段はお高めなので、頻繁に使わないのなら、普通のシュラフを重ねて使ってもいいかもしれません。

  •  

    眠る時、地面から伝わる冷たさをいかに遮断するかがポイントです。
    テントの中には、必ず、遮熱性がある銀マットを敷きましょう。

  •  

    その上に重ねるマットは、キャンプ用のグランドマットや、電源がとれるキャンプサイトであればホットカーペットであったり、と様々です。
    とにかく、分厚く、多重構造になればなるほど、暖かいです。
    ただ、荷物の量は比例して多くなるので、要注意。

  •  

    湯たんぽを、シュラフの中に入れると足元が暖か。
    キャンプでは火をおこしていることが多いので、沸かしたお湯を入れればすぐに準備できます。
    金属製のものの中には、直火でお湯を温められるものもあります。

  •  

    冬キャンプ上級者になると、テントの中に敷くものを、出発前に実際の順序で重ねて畳み、ひとつのバッグに入れて持っていく、なんて裏技も!
    これだったら、ただ広げるだけで済むので、テント準備にもたつかなくていいですね。

2/2