Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

ワッフル・チョコ・ビールの【ベルギー王国】

view35

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ベルギー王国(通称ベルギー)は、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家です。ベルギーの美味しいもの、タイムスリップしたかのような観光地、歴史などを紹介します。

  • アントワープ

     
     

    アントワープ中央駅は19世紀末から20世紀にかけて造られた、ネオバロック様式の素晴らしい建物です。息をのむ美しさは必見です。急いでいても立ち止まって鑑賞してください。

  • モードの発信地

     
     

    街のショップには未来のデザイナー達が創る1点物の作品が売られている。
    インポートファッションが好きなら、是非とも訪れたい街です。

  •  
     

    ハイセンスなモードの街。街を歩く人のファッションにも注目ですね。

  • 聖大聖堂

     
     

    物語の中でネロが最後に絵を見に来た大聖堂。
    巨匠ルーベンスの『キリストの降架』はネロが最後に見た名画です。(有名なシーンですよね。)
    その他、『キリスト昇架』、『キリストの復活』、『マリア被昇天』が飾られています。

    ■Onze-Lieve-Vrouwekathedraal
    Handschoenmarkt
    TEL:32 (0)3 213 99 51

  • ワインが発達しなかった歴史

  • ベルギービール

     
     

    国の緯度が高いためワイン用の良質なブドウが栽培できなかった事がビールの発展の原点と言えます。
    また、ドイツビールなどで使用するホップがとれなかった代わりに、
    ハーブ、スパイス、フルーツを使用することによって現在のベルギービールが出来上がったと言えます。
    種類が豊富なベルギービルは、年々増え続け1500種類を超えています。

  • ビール煮

     
     

    ベルギー料理はワインの代わりにビールで煮込む料理が特徴です。
    代表的な物は「牛肉のビール煮」よく煮込まれ肉がトロトロで最高の味わいです。

  •  
     

    ブリュッセルなどのカフェでは、いつでもベルギービールが飲めます。
    昼はビジネスマンがランチビールしている光景も度々目にします。

  •  
     

    ベルギービールは奥が深いゴールのない旅と言えましょう。