Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

【見頃はいつ?!】京都の紅葉を愛でよう♪

すっかり日が落ちるのもはやくなり、いよいよ秋が深まってきましたね。本格的な紅葉シーズンの到来です!!紅葉といえば京都。今回は美しい京都の紅葉名所をばっちりご紹介しちゃいます♪

view13

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【紅葉を見に行く前にちょっとお勉強♪】紅葉の不思議

  •  

    美しく、見る人を楽しませてくれる紅葉。でも、何故秋になるとこのように葉の色が鮮やかな色に変わるのでしょうか??
    それは、葉のなかで『赤い色素(アントシアニン)』がつくられるからです。
    ではこの『赤い色素(アントシアニン)』、一体どうして秋になると作られるのか??私達人間の目を楽しませるため…ではありません。紅葉の不思議についてちょっとだけご紹介しちゃいます。

  • 秋になると葉の色が変わるのは、寒くなってきて葉の働きがおとろえ、葉の細胞の中で色々な変化がおきるからです。葉が緑色に見えるのは、葉の細胞の中で光合成をしている葉緑体があるからです。
    出典 :紅葉と落葉
     

    小学校の頃、『光合成』について習ったのは覚えていますか??この『光合成』、水と二酸化炭素から炭水化物(糖類。例えばデンプンなど)を合成しています。それと同時に、水を分解してできた酸素を放出します。ここまでは理科の授業で習いましたよね??
    この光合成、秋になって太陽の光が弱くなると働きが弱くなり、葉でつくられる栄養分(テンプンなど)が少なくなってしまいます。このように、光合成でつくられる栄養分が、葉を維持するためのエネルギーより小さくなると栄養不足となり、葉は落葉してしまうのです。
    ここですごいのは、木々は、こうして落葉してしまう前にあることをしていることです。それは…『栄養分のリサイクル』です!!
    そう!!葉を形作っている『有機物』から、栄養分としてリサイクルできるものを集めるのです。リサイクルにより栄養分と取られてしまった葉はもう力がなくなってしまい『落葉』してしまいます。木そのものを生かすために、葉は自分の栄養を差し出しているのですね。そう考えると、とっても健気ですね…

  • ところが、気温が下がってくるとこの葉緑体が分解し、緑色の色素がなくなって黄色の色素だけが残るので、葉は黄色に見えるのです。紅葉の場合は、葉の中にはもともと含まれていない赤色の色素が合成されて、だんだんたまってくるので赤く見えるのです。
    出典 :紅葉と落葉
     

    こうして葉っぱたちが自分の命をかけてさしだす、リサイクルによって集められた養分は来年の春、葉を作るために使われるのです。
    この時、栄養分をとられてしまった葉は、哀しいかな、後は散るだけですので、もう光合成を行う『葉緑体』は必要もなくなり分解されてしまいます。
    その葉緑体のなかには『緑色の色素(クロロフィル)』があります。これが葉が緑色の見える原因の色素なわけですね。この『緑色の色素』もやがて分解されるのですが、分解される過程で植物にとって有害な物質(活性酸素)をつくり、植物の組織を傷つけてしまうのです。
    この緑色の色素(クロロフィル)は、『青い光』を吸収して有害物質(活性酸素)をつくります。言ってしまえば『青い光』が有害物質の材料のようなものですね。ですから、青色の光をさえぎることができれば木を傷つけずにすむのです。
    ここで、ようやく『赤い色素(アントシアニン)』の出番です!!赤い色素は『青い光』をよく吸収してくれるので、このおかけで葉は有害物質をつくらずに済むのです。この『赤い色素』によって、葉は木を守っているのですね。

  •  

    さてさて、長くなりましたが要は『葉は紅葉することで、木そのものを守っている』ということです。
    『紅葉』とは、葉の1つ1つが親のような存在である木そのものを守ろうと頑張っている姿。こう考えると、美しい紅葉がより一層素晴らしいものに見えるのではないでしょうか??

2/2