Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

心霊スポット【青森県】青森っといえばあそこしかないでしょう。

青森県の心霊スポットといえば、恐山を思い出しますが、恐山は霊場なので当然といえば当然です。そして、忘れてはいけないのは「いたこ」の存在。それ以外にも温泉や宿坊まである知ってました?もちろん心霊スポットもありました。

  • ku_ba更新日:2014/11/17

view273

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは、青森の心霊スポット「恐山」から

  • 恐山

     

    〒035-0021 青森県むつ市田名部宇曽利山

    恐山は、電車でJR大湊駅から車で約30分、または下北駅から恐山行き直通バスで43分になります。青森旅行のついでに言ってみようか!!ってところではなく、「恐山に行くぞ」と気合を入れて出かけるところらしいです。その理由はアクセスが大変こと、見る範囲が広いことなどあげられる。内容も深そうです。むつ市から恐山まで15.2km。タクシーを利用すると料金は4000円ほどになるそうです。開門時間は6:00~18:00まで、11月から4月までの6ヶ月間は閉山しますので要注意です。

  • 恐山が一番にぎわう、恐山大祭は7月20日~7月24日・秋詣りは体育の日を最終日とする土・日・月曜日に開催されます。このときにイタコの口寄せを行うので多くの人たちが訪れます。
    料金と言われる入山料は500円になります(5月から10月まで)。
    日本三大霊山の一つとなってる恐山、立ちこめる硫黄臭と荒涼としたこの山は「この世」にいながら「あの世」に近づける場所といわれているのがわかる景色が広がっています。神秘的な場所として多くの人の支持を得ています。それと、あと2つは、滋賀県の比叡山と和歌山県の高野山です。

  • イタコの口寄せ

     

    イタコの口寄せとは?「死者の魂を我が身に宿し その言葉を伝える「口寄せ」」。
    イタコたちはみな恐山には住んでません。地元で私たちと同じ日常生活を送っています。
    やはり、青森県内にいらっしゃるようです。
    多くのイタコは毎年行われる恐山大祭と恐山秋詣りの時に恐山におこしになるようです。
    イタコの方もご高齢なので最近では恐山大祭と恐山秋詣りのときに「口寄せ」をされてます。
    お祭りのときイタコの口寄せは大行列になりますまた予約もできないのでお時間に余裕を持ってお出かけください。料金(?)は、目安はお一人降ろすたびに5000円。誰を降ろしてもらうかきちんと決めないとね。
    これは注意ですが恐山菩提寺とイタコさんには関係ないので、恐山寺務所へイタコさんについての問い合わせ等はしないでくださいませ。

  • 三途の川と太鼓橋

     

    三途の川にかかる赤い太鼓橋。写真で見るとそんな珍しくない、普通の太鼓橋!しかしこの橋にはイワクがあるそうで、悪行をした人ここが針山に見えるらしい.......どう見えますか?

  • 恐山温泉

     

    恐山温泉は4つの温泉があります。冷抜の湯、古滝の湯、薬師の湯、薬師の湯とありそれぞれ効能があり、神経痛、リウマチ、胃腸病などに効くらしいですよ。場所も場所だけにすごく効能がありそうです。ここの温泉は参詣者は自由に入浴できるところはうれしい。
    泉質は硫化水素含有酸性緑ばん泉だそうです。
    温泉は男湯、女湯、男女入替制、混浴の4つの湯小屋がありので女性は混浴に注意しましょう。
    宿場もあります。宿坊 0175-22-3826

  • 湧き水 冷水(ひやみず)

     

    若返りの水といわれている湧き水。1杯飲めば10年、2杯飲めば20年、3杯飲めば死ぬまで若返ると言われる水だそうです。時々聞きますが湧いている所が恐山っというところなのですっごくご利益がありそうですよ。

    心霊スポットとして、母子や女性の幽霊が出るとか出ないとか。また、手を振る女性の幽霊を目撃したという体験談があったりする。彼女らも水を飲みに来るのかなぁ。いつまでも若さを保ちたいと願うのは幽霊も同じなんですかね。

  • 恐山の南方、自衛隊関連施設が密集する近くに、幽霊スポットがあります。
    それは廃トンネル。声が聞こえるとか、それが軍人の声とか噂されています。