Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

おすすめはどこ?今年の猛暑と乗り切る関西の避暑地

関西は地形的な問題もあって、夏の暑さが全国的にも厳しくなりがちです。しかし、関東や九州に比べて、長期間滞在できるような有名な避暑地はあまりないと言われています。しかし、関西の避暑地として知られる場所があります。暑さが苦手という人は、今から出かける計画を立ててみてはいかがでしょうか。

view107

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 関西には避暑地が少ない?

  • 関西は京都に代表されるような盆地地形や、平野部が多いこと、開発された高地が少ないこともあって、避暑地が少ないイメージがあります。

    実際、地形的な問題で、夏は暑く、冬は寒いというのが関西の気候で、特に京都ではその傾向が顕著で、体感的も実際の温度でも、夏は沖縄よりも暑く、冬は北海道の札幌よりも寒くなる日があるほどです。

    関東では外国人宣教師などの影響もあって、夏の暑い時期には生活する場所を離れた避暑地のリゾート開発が行われ、軽井沢の別荘地などをはじめとして、全国的に有名な避暑地が存在しますが、関西ではそのような地域はあまりありません。

    その原因はいくつか考えられますが、そもそも長期間出かけて休むという文化があまりないということが挙げられます。

    そのため、関西にある避暑地の多くは、長期間過ごすという場所ではなく、日帰りや週末に訪れるような場所がほとんどです。

    その中でも、特に避暑地として人気で、過ごしやすい場所を紹介します。

  • 奥びわ湖

     

    場所:滋賀県、特に琵琶湖の北側を指す

  • 関西で人気の避暑地は琵琶湖周辺にあります。特に奥びわ湖と呼ばれる琵琶湖の北側は緑豊かで、のんびりとした雰囲気がある場所です。

    琵琶湖周辺はいくつかのエリアに別れ、湖のほとりにはいくつかの宿泊施設がありますが、南側はややビジネス利用に適したものが多く見られます。

    一方、奥びわ湖と呼ばれるエリアには、リラックスできる宿泊施設が多く、数日から1週間ほどの中期、またそれ以上の長期滞在にも適しています。

  • 六甲山

     

    場所:兵庫県南東部
    標高: 932 m

    【周辺施設】
    六甲ガーデンテラス
    六甲高山植物園
    六甲山カンツリーハウス
    六甲山フィールド・アスレチック
    六甲山スノーパーク自然体感展望台
    六甲ケーブル天覧台

  • 兵庫県南東部にある六甲山も、避暑地としては人気の場所です。神戸市内からすぐ近くにあるというリッチや周辺に観光やリゾートに適した場所が多くあることも人気の要因です。

    六甲山は『日本三百名山』、『ふるさと兵庫50山』などにも数えられ、山の景色そのものも美しいですが、六甲山から見下ろす神戸の街並みが美しく見えることでも知られています。さらに、夜景も美しく、展望台からの眺めはデートにぴったりです。

    周辺には、六甲ガーデンテラス、六甲高山植物園などの観光名所や、六甲山フィールド・アスレチック、六甲山スノーパーク自然体感展望台、さらには六甲ケーブル天覧台などファミリーやカップルなど幅広い年代が楽しめる施設が充実しています。

  • 那智勝浦

     

    場所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町

  • 自然豊かで、神秘的な避暑地として、和歌山県にある那智勝浦もおすすめです。
    熊野信仰の聖地と呼ばれるこの地域には、熊野那智大社、熊野本宮大社、熊野速玉大社の熊野三山がある場所で、特に「熊野古道」は全国でも有数のパワースポットとして知られています。

    真夏でも、静かで過ごしやすい林道の古道の他、那智の滝や那智山見晴台は絶景ポイントですが、豊かな自然と水があるため、避暑地としても最適です。