Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

落語を楽しみ粋な東京人を気取る

おしゃれなカフェもいいけど、たまには落語で意気にキメてみませんか?

view37

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ロケット団の爆笑漫才の後は、扇遊師の代演で仲入りの正朝さんです。
    演目は「祇園祭」でした。これも江戸を立つ処から演じて、きっちりとやってくれました。
    出典 :浅草演芸ホール2月中席八日目夜の部 - 菖蒲園の落語のお話 - Yahoo!ブログ
     

    このバリエーションの豊かなところがいいですね。

  • 「ビジネスセンスは落語で学べ」という記事が今週のアエラにあるらしい。俺も最強ビジネスパーソンになれるかも…!?笑
     

    ビジネスまで、落語?

  • いろいろな演目があり、知識教養も身に付きます。
    会話のセンスも真似したいですね。

  • 「江島屋騒動」、「乳房榎木」、「真景累ケ淵」とこの「牡丹灯籠」は三遊亭圓朝の創作した怪談話です。圓朝二十三四歳の時創られたと言います。明治17年(1884)、四十七歳の時、速記本として出版され、大変な人気を得 ました。
    出典 :第92話「牡丹燈籠」
     

    落語には怪談や悲恋ものなどもあります。笑いだけでないエンターテイメントです。

2/2