Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

東京三大祭の一つ山王祭を楽しむ3つのポイント♪

祭りというと都会からは少し離れたところで行われるイメージがありますが、実は東京でも祭りが開催されます。
三社祭、山王祭、深川祭は東京三大と言われていますが、その中でも特に歴史がある山王祭は有名!山王祭を楽しむ3つのポイントを紹介します☆

view30

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お祭りというと地方で開催されるようなイメージがあるけど、実は大都会の東京でも有名なお祭りがあるんです!

    江戸三大祭と呼ばれているのが、三社祭、山王祭、深川祭☆
    ちなみに、日本三大祭は祇園祭、天神祭、神田祭です。
    ただし江戸三大祭りについては、神田祭、山王祭、深川祭とする場合もあります。

    日本にはいろんなお祭りがあるけど、山王祭は最も歴史ある祭りとして知られています。
    江戸三大祭について少しおさらいをしてから、山王祭を詳しく紹介してみたいと思います!

  • ■江戸三大祭について

  • 江戸三大祭りに何を選ぶかは所説あるんだけど、ここでは神田祭、山王祭、深川祭として紹介しておきますね!

    神田祭は毎年5月に神田明神で開催されます♪
    日本橋周辺を神輿が練り歩くので、地元の人はもちろん大勢の見物客でにぎわうんです♪

    山王祭は日枝神社で毎年6月に行われます♪
    大行列が日枝神社から丸の内や銀座を巡行するんだけど、普段とは違う町の雰囲気に包まれます。

    深川祭は深川八幡祭とも言われるけど、富岡八幡宮で毎年8月に行われます♪
    この祭りも神輿が富岡八幡宮から深川の町を巡行します。

  • ■山王祭ってどんな祭り?

  • 山王祭は、江戸時代の三代将軍家光公以来続く歴史あるお祭りなんです!
    山王祭が開催される日枝神社の境内では、太鼓に合わせて歌い踊る納涼大会や、江戸時代から続く伝統芸能の邦楽、お茶、お花などいろんなイベントも開催されます♪

    神幸祭は隔年になるけど、とっても迫力がある祭礼行列が練り歩く時は、まるでそこだけ江戸時代に戻ったような不思議な空気に包まれるんですよ!
    東京に住んでいる人はもちろん、交通アクセスも便利だから、見に行ってみてはいかがでしょうか?

  • ■山王祭を楽しむ3つのポイント

  • 東京都心を300mの祭礼行列が練り歩きます。御鳳輦二基・宮神輿一基・山車五基が、王朝装束に威儀を正した総代役員や氏子青年の奉仕により、氏子区域を巡ります。総勢500人からなる現代の王朝絵巻は圧巻です。
    出典 :祭礼行列 神幸祭/山王祭 - 日枝神社
1/2