Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

一度は観てみたい!「湯島天神梅まつり」

今年でなんと55回目だという「湯島天神梅まつり」。梅を眺めるだけではなく、様々な催しや露店を楽しむことができます。

view46

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 湯島天神とは?

  • 学問の神様として有名です。

  • 立派な本堂

  • 湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)は、東京都文京区にある神社。旧社格は府社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「加賀梅鉢紋」。

    旧称は湯島神社で、通称は湯島天神。

    古来より江戸・東京における代表的な天満宮であり、学問の神様として知られる菅原道真公を祀っているため受験シーズンには多数の受験生が合格祈願に訪れるが、普段からも学問成就や修学旅行の学生らで非常な賑わいを見せている。また境内の梅の花も有名で、この地の梅を歌った「湯島の白梅」(1942年)は戦中時の歌として大ヒットした。
    出典 :湯島天満宮 - Wikipedia
     

    正式には湯島天満宮なんですね

  •  

    東京メトロ ①湯島駅 (千代田線) 3番出口 徒歩2分
    東京メトロ ②上野広小路駅(銀座線) 徒歩5分
    東京メトロ ③本郷3丁目駅(丸の内線) 徒歩10分
    JR ④御 徒 町 駅(山手線・京浜東北線) 徒歩8分
    都営地下鉄 ⑤上野御徒町駅(大江戸線) A4出口 徒歩5分

  • 湯島天神梅まつりとは?

  • 梅の名所として江戸時代から有名な湯島天満宮。境内の梅園には加賀梅など約20品種300本の梅が植栽されている。梅まつり期間中の土・日曜には、パフォーマンスショー、野点(参加費500円)、天神太鼓、落語、物産店などが開催され、毎年賑わいをみせる。また、17~19時は「夜観梅」(ライトアップ)も行われる。
    出典 :湯島天満宮(湯島天神)(東京都文京区):梅の名所2014:るるぶ.com
  • 今年は平成26年2月8日~3月9日

1/2