Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

極上文學にご招待。第6弾ドグラ・マグラ』

極上文學にご招待。第6弾『ドグラ・マグラ』では、キャストの組み合わせで多様に楽しめます。もちろん同じキャスティングでも、劇場の空気は観客と一緒に作るものだから、毎回違い、劇場の面白いところです。同じプロ野球チームのカードでも同じ試合がないのと同じです。

view54

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『ドグラ・マグラ』とは何?

  • 『ドグラ・マグラ』は、探偵小説家夢野久作の代表作とされる小説で、構想・執筆に10年以上の歳月をかけて、1935年に刊行された。小栗虫太郎『黒死館殺人事件』、中井英夫『虚無への供物』と並んで、日本探偵小説三大奇書に数えられている。
    出典 :ドグラ・マグラ - Wikipedia
  • 昭和10年1月、書き下ろし作品として松柏館書店から自費出版された。〈日本一幻魔怪奇の本格探偵小説〉〈日本探偵小説界の最高峰〉〈幻怪、妖麗、グロテスク、エロテイシズムの極〉という宣伝文句は、読書界の大きな話題を呼んだ。常人では考えられぬ余りに奇抜な内容のため、毀誉褒貶が相半ばしている。
    出典 :Amazon.co.jp: ドグラ・マグラ(上) (角川文庫) eBook: 夢野 久作: Kindleストア
  • 食べ物でいうならば、『珍味』なのです。という意見がありますが、同意見です。でも食べてみたいって思う方は、劇場に足を運ぶ価値があります。

  • 常識で判断しては行けない。

  • 【出演】 玉城裕規、廣瀬大介、小野賢章/
         植田圭輔、桑野晃輔/Kimeru、松本寛也/
         酒井敏也、ブラザートム  ほか
    【演出】キムラ真(ナイスコンプレックス)) 【脚本】神楽澤小虎(MAG.net)
    出典 :MAG.net 公式サイト - MAG.net 公式サイト
  • 芝居のチラシや本の表紙絵で、異世界のような怪しさと怖さを感じたとしても、ありのままに体験してみると人生が深まるかもしれません。あまり深く考えすぎないことです。

  • 「極上文學」とは

1/2