Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

柴又帝釈天、正式には日蓮宗題経寺、ちょっと運気が下がっているかなと感じたらここへ

view81

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 病魔や災難から守り、魔障を退散させてくれる柴又帝釈天での御神水の観光に。寅さんで有名な柴又帝釈天は、正式には日蓮宗題経寺というお寺です。柴又帝釈天の方がなじみがありますね。

  •  
  • 柴又帝釈天の御神水を飲めば、運気も上がりそうですね。

  • 柴又帝釈天 題経寺の概要

  •  
  •  
  •  
  •  
  • 「柴又帝釈天」の通称で呼ばれています。

    帝釈天が当寺の本尊と思われがちですが、日蓮宗寺院としての本尊は、帝釈堂の隣の祖師堂に安置している「大曼荼羅」です。

    また、柴又七福神のうちの毘沙門天にあたることから、「帝釈天=毘沙門天」と解説する資料もあるようです。帝釈天と毘沙門天はその起源を全く異にする別々の尊格です。

    柴又七福神の毘沙門天は、帝釈天の脇に安置される多聞天(別名毘沙門天)のことです。

  • 柴又帝釈天公式ホームページ

  •