Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

PON!で紹介 東京で開催中アート系の楽しくて不思議な体験イベント

2014/10/24 PON!でも紹介 東京で開催しているアート系の楽しくて不思議な体験イベントのまとめ

view48

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ミシェル・ゴンドリーの世界一周

     

    東京都現代美術館では「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」という彼の映画にちなんだ展覧会が開催されています。
    ’15.10.24 日テレの情報番組「PON!」でも紹介されました。

  • 『エターナル・サンシャイン』『グリーン・ホーネット』等の映画作品に加え、名作ミュージック・ビデオも数多く生み出した、フランス出身の映画監督ミシェル・ゴンドリー(Michel Gondry)。個展<ミシェル・ゴンドリーの世界一周>が東京都現代美術館にて9月27日より開催されます。
    出典 :ミシェル・ゴンドリー監督の個展<ミシェル・ゴンドリーの世界一周>が東京都現代美術館にて9/27より開催 - amass
     

    映像マジシャン ミシェル・ゴンドリーの世界を堪能できる展覧会が9月27日から東京都現代美術館で開催中です。体験型の展覧会なので、映画好きな人はもちろん、お子さんも楽しめます。

    映画って、こんな風に撮ってるんだ~という舞台裏が見えちゃいます。
    いろいろな仕掛けに驚くこと間違いなしです。

  •  

    警備員と観光客?

    いったいどんな設定なんでしょう?

  •  

    子ども?何やら商談中のようですね。

    手前の使い古したかばん、演出でしょうか?
    雰囲気出てます。

  • 第1部「ホームムービー・ファクトリー」は、来場者が10人ほどのグループで、ゴンドリーが考案した独自の映画づくりに参加できる体験型展示となっている。12の映画セットで、その日出会った人々と、一期一会のオリジナル短編映画を作る。ワークショップは定員制で、週3回開催予定。
    出典 :映画監督ミシェル・ゴンドリーの日本初個展、東京都現代美術館で開催! | シネマカフェ cinemacafe.net
     

    上記の画像で紹介したような映画セットが用意されていますので、自由に映画制作が出来ちゃいます。自分たちでストーリーを考えて、実際に演技もしてもらいます。

    早速ですが、好きなムービースターはいますか?
    ジェニファー・ローレンス?ブラッド・ピット?

    憧れのスターになりきって、世界に一つだけのオリジナル映画を制作してみてください。

    制作できたらもちろん、試写会もあります。
    他のグループが作った作品も見られますので、仲間とわいわい盛り上がること間違いなしです!

  • 第2部「Around the World in 19 Videos」では、ユニークなアイディアの詰まったミュージック・ビデオの傑作をインスタレーション形式で紹介。伝説的なダフトパンクの「アラウンド・ザ・ワールド」から、詩情あふれるビョークの「ハイパーバラッド」、「バチェラレット」、「ヒューマン・ビヘイヴィアー」、最新作メトロノミーの「ラブレターズ」まで、新旧19の名作をお見せします
    出典 :ミシェル・ゴンドリー監督の個展<ミシェル・ゴンドリーの世界一周>が東京都現代美術館にて9/27より開催 - amass
     

    音楽の制作世界も体験できるんですね。ビョークの世界観もワンダフルワールドですので、面白いですよ。

  • 奇抜な表現で知られるゴンドリーですが、彼のイマジネーションの根底にあるのは、ジョルジュ・メリエスの「月世界旅行(1902)」に見るようなハンドメイドの映像魔術です。“莫大な予算や特別な技術がなくても、誰でもアイディア次第で映像作家になれる”、そんなメリエスの考えを、ゴンドリーは「僕らのミライへ逆回転!(2008)」という映画で最も情熱的に表現しています。
    出典 :■東京都現代美術館『ミシェル・ゴンドリーの世界一周』展 | 東京イベント.info
     

    映画も音楽の世界も、奇才ゴンドリーの巧みな映像マジックが、アイデア満載で展示されています。
    2015年1月4日まで開催予定の本展は日本初となっていますので、ぜひ来館してみてください。

  • DESIGN TOUCH 2014

     

    2007年に完成した東京ミッドタウンでは、日本文化を世界に発信していく目的で、さまざまなイベントが開催されていますが、こちらのアートイベント「DESIGN TOUCH 2014」もその一環として現在開催中です。
    現代アートが集結したこちらの企画も体感型の展覧会なので、美術に詳しくなくても楽しめるイベントになってます。

  • 「デザインを五感で楽しむ」をマスターコンセプトに、2007年より毎年開催し、昨年は延べ約143万人の来街者を迎えました。デザインに深い関心のある方から、初めてデザインのイベントにお越しになる方まで、幅広い層にご満足いただける多くのイベントが、今年も東京ミッドタウンに集結します。
    出典 :【イベント情報】「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014」開催 | ニュース&トピックス|東京ミッドタウン
     

    五感で楽しめるイベントってなかなか無いですよ。
    美術鑑賞って高尚な趣味って感じがして、敬遠しちゃってる人多いかもしれませんが、現代アートなら親しみやすいものがたくさんあります。
    芸術ってセンスや感覚だから、あんまり理解できないって考えちゃう人でも、同じ時代を生きてる芸術家が作った作品だったら、共感できるものがいっぱいありますよ。リアルタイムで見ることこそ意味があるかもしれませんし。

  •  

    科学をデザインしたイスアートの広場「スワリの森」。

    何やら変わった形をしたイスがあちこちに展示されていますね。
    4本脚のイスではないので、普通に座っていいのでしょうか?
    アートと聞くだけでなんだかドキドキします。

1/2