Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

アニメは日本の観光を救う?!アニメの聖地巡礼が地域振興の目玉!成功の鍵は主催側のサービス精神

アニメや漫画の聖地巡礼は一つのブームとして多くの地域で取り入れられ成功を収める一方で、失敗に終わった地域もあります。成功の鍵はファンと作品の魅力を共有することです。今後、海外からのアニメ巡礼も増えて行くことが予想されています。この大事な観光客をいかにもてなすかに勝機はかかっているようです。

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • しかし失敗例も多く、これからの参入は危険?

  • このようなアニメの聖地巡礼ブームを受けて、観光産業のひとつの柱として諏訪地方でも取り組みが始まっているようです。この地域はテレビアニメ「咲―Saki―」に登場しており、若手の市の職員を中心にプロジェクトを立ち上げ、地域住民への理解を求めるために説明会を開催しているようです。
    このような新たな試みに対して導入や参加に前向きな人達もいる一方で、失敗を危惧する声も多くあります。というのも、アニメの聖地として地域振興を行って失敗しているケースも少なからずあるからです。アニメの聖地巡礼がブームといっても取り入れた地域で必ずしも成功する保証はありません。実際に、多額の予算を投じたけれど効果がほとんどなかったという地域もあります。

  • 聖地巡礼者の数と作品の良し悪しは別次元の話なのは言うまでもないけれども、行政や商工関係者が考えるほどヒットの確率は高くない。
    出典 :各地でつまづく「アニメで町おこし」の現状 - DMMニュース
  • 諏訪地方の風景が登場するテレビアニメ「咲―Saki―」にあやかり地域を盛り上げようと、市企画総務部の竹上賢吾さん(33)ら若手職員8人が...地域住民を対象に...「アニメ観光」の可能性について理解を求めた。
    出典 :長野日報 (Nagano Nippo Web) - ニュース - アニメ「咲—Saki—」の舞台を巡礼 来月13日にツアー
  • 成功の鍵は主催側の理解度とサービス精神

  • では、アニメの聖地として成功している地域とそうでない地域との差は何でしょうか。
    まずは作品の知名度、人気度、完成度も一つの指標でしょう。その作品の読者層が広ければ広いほど、観光客の層も厚くなります。また、作品のテーマの明確性も大切です。一言でどんな作品か、ということが伝えやすいものほど、広がりも早いのです。しかし、このような作品の質や傾向と、実際の集客や経済効果は必ずしも一致しません。この部分が関係者を悩ます部分でしょう。

  •  

    これから有名になる?陸上競技場

  • 確実な法則ではありませんが、成功しているアニメの聖地は行政が絡んでないことが多いようです。聖地巡礼をするファンは作中にあるような日常の風景を見に来ているので、案内板や担当者など、実は不要なのです。そのため、行政が積極的でない方が多くの聖地巡礼者が来ているという傾向にあるようです。
    一方、行政や商工の人たちが関係して成功している地域の場合の特徴は、関係者がその作品を読んで、楽しさを理解しているところにあるようです。作品の面白さを知っているからこそ、街への愛着も生まれるものです。作品も知らず、アニメを見てやってくるなんて奇人変人だな、という対応をするような地域は聖地として発展する可能性は低いでしょう。そのような場所にファンは何度も訪れないし、ましてや他の人に勧めたりもしません。経済的なメリットだけで観光客に近づいても、お互いに不幸を生む結果に終わるようです。

  •  

    これから有名になる?ホール

  • そのため、これから聖地巡礼を取り入れた観光産業を行うための地域住民への理解には、その作品の良さをアピールすることが大切になってきます。また、作中で、どのように街が存在し、魅力的なシーンとして登場しているのかを知ってもらう必要があるでしょう。地元の人にとっては自分たちの住んでいる見慣れた風景がアニメや漫画の中で登場することに初めは強い違和感と不思議さを感じるものです。また、身近にあるためにその魅力に気がつかないことも多いのです。
    このような作品理解が主催地域に求められる理由は、観光客との共通の認識がサービス精神を生むためです。例えば、温泉街を例にとっても、温泉街の人たちは、温泉の効能や魅力を知っています。そのため、多くの人が温泉を目的に来る人たちの気持ちが理解でき、人気の温泉宿の場所を聞かれれば快く教えてあげられるでしょう。このような何気ないサービス精神が、観光客の心を掴み、人気の観光地へと発展させていくきっかけになります。