Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

【大学生に人気】富士五湖の魅力【Mt.Fuji】

今回は、大学生の誰もが行った経験があるであろう、山梨県富士五湖の魅力を紹介致します。

  • shou更新日:2014/03/05

view56

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 火山性堰止湖によくあるように、もともと西湖は魚の棲む湖ではなかったが、近代以降漁業目的で魚が放流されるようになり、1913年(大正2年)にはヒメマスが放流され、今日では漁業だけではなく、ヒメマス釣りは西湖でのレジャーのひとつとなっている。
    1935年(昭和10年)には同じ富士五湖の本栖湖とともに、秋田県の田沢湖にのみ生息していた固有種であるクニマスの受精卵十万粒が送られ、ふ化後放流されたが[3]、その後の西湖での生息は長年にわたり不明であった。元々の生息地である田沢湖では電源開発に伴う酸性水の流入により絶滅してしまったため、1990年代になって関係者により西湖を含めた過去の移植放流先の探索調査が行われたが、クニマスを見つけることは出来なかった。しかし、2010年(平成22年)京都大学研究チームの調査で、約70年ぶりに西湖での生息が確認された[4]。
    クニマスは環境庁レッドリストによる分類では絶滅種であったが、絶滅種の再発見は魚類としては日本国内における初の事例である[5]。
    この発見がきっかけとなって、2011年(平成23年)11月に田沢湖との姉妹湖提携が行なわれた[6]。
    出典 :西湖 (富士五湖) - Wikipedia
  • 河口湖

     

    河口湖(かわぐちこ)は、山梨県南都留郡富士河口湖町にある湖。富士五湖の一つである。富士箱根伊豆国立公園に指定されている。富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点にある。面積は富士五湖では2番目の大きさで、最大水深は精進湖と並び3番目の深さ。
    湖の中央に鵜の島(鸕鷀島)と呼ばれる小さな島がある。また、産屋ヶ崎は富士山展望の好適地とされている[1]ほか、乳ヶ崎、小曲岬(子轉ヶ崎)、長崎(胞ヶ崎)などの景勝も存在する[2][3]。
    「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産に登録されている。

  • 河口湖は富士五湖のうち、もっとも早く観光開発されたそうです!

    平成になってから温泉が掘削され、富士河口湖温泉郷として東岸に温泉街が形成されています。湖畔にはオルゴールの森、天上山へのアクセスとなるカチカチ山ロープウェイ、河口湖遊覧船、河口湖猿まわし劇場、キャンプ場、そして旅館、飲食店、物産店などがあって、楽しみいっぱい!!!

  • 山中湖

     

    山中湖(やまなかこ)は、山梨県南都留郡山中湖村にある淡水湖。
    富士五湖のひとつ。富士五湖の中で最大の面積を持つ。また、湖面の標高は富士五湖の中では最も高い位置にあり、日本全体でも第3位。逆に水深は富士五湖の中で最も浅い。富士箱根伊豆国立公園に指定されている。
    「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産に登録されている。

  • 如何でしたか?
    サークルやゼミの合宿で訪れる機会の多い富士五湖ですが、それぞれの湖の魅力を知る事が出来たでしょうか?

2/2