Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

ANAジャンボ747-400里帰りフライト&飛行機好きのデートスポット

1月12日に大阪空港へ里帰りフライト決定!多くのファンを持つ747
イベントいっぱい!
実は、飛行機ファンにはとっても魅力的なデートスポットなのです。

  • eve更新日:2014/01/29

view341

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 空港内に、北と南デッキがあります。
    ウッドデッキなので、やさしい雰囲気があります。
    5000平方メートルもあるデッキです。

    昼間の青空に映える飛行機も綺麗ですが、夜のライトアップに見る飛行機もまた美しい感動に包まれます。

    レストランやトイレなど、設備が整っています。

  • 千里川土手

  • 伊丹空港(大阪国際空港)の離着陸シーンの名所
    飛行機のラッシュ時、16時から18時位は特にすごい!
    手が届きそうな所を飛ぶ飛行機が真下から観れます。
    この迫力は、他にはないかも?

  • 伊丹スカイパーク

  • 伊丹スカイパーク

  • 大阪国際空港(伊丹空港)の西側に位置する公園である。1993年から、国、兵庫県、伊丹市の3者により整備され、2006年7月9日に一部オープン、2008年7月12日に全面オープンした。

    滑走路の間近にあり、飛行機の離着陸がダイナミックに見ることができる。これほど間近に飛行機を見られる公園は全国でも稀である。2008年の全面オープンで9ヘクタールもの巨大公園となった。

    芝生エリアや展望台、航空関係の展示、遊具や川など数々のエリアに分かれている。朝や昼は親子や若者がにぎわい、夜になるとカップルが夜景を見ながら飛行機を見るというシャレたスポットになっている。この大型公園から少し歩くと、近畿圏で最大級の大型ショッピングモールイオンモール伊丹が立地していて、連絡橋を渡るとJR伊丹駅に到着する。
    出典 :伊丹スカイパーク - Wikipedia
  • オマケ

  • ANAセールスは3月で退役するボーイング747-400型機の退役記念として、「ボーイング747退役記念 さよならフライトチャーター」、「熊本空港での遊覧フライト」、「ANA機体メンテナンスセンター&ANA訓練センター見学ツアー」の販売を、1月24日から開始する。

  • 毎日新聞 2014.1.11

  • 全日空(ANA)は12日、大阪・伊丹空港でジャンボ機の愛称で親しまれ、2014年3月で引退するボーイング747−400D型による遊覧飛行を実施する。06年4月以降、騒音対策のため、エンジン3基以上のジェット機の運航ができなくなっていたが、「育ててくれた伊丹の人たちに恩返しをしたい」とジャンボ機によるフライトの実現に奔走したANAセールスの杉浦貴さん(29)に思いを聞いた。【米田堅持】「初めて乗った飛行機が、伊丹から羽田へ飛ぶANAのジャンボ機。午後3時発の30便でした」と小学2年生の時の感激を杉浦さんは今も鮮明に覚えている。東京都狛江市に住んでいた当時、近くを走る小田急線が好きだったが「飛行機も良いから1度乗って見なさい」という祖父の言葉で搭乗した。乗り物好きだったことから、07年にANAに入社した。伊丹空港に配属され10年6月まで、チケットの発券や接客、総務などの仕事を経験し航空会社の基本を学んだ。10年7月から13年4月までは北京に赴任、最後の1年間は日本大使館に出向した。大使館では、尖閣国有化を契機として起きた激しい反日デモも経験した。「何を言ってもどうにもならないこともあるが、粘り強く主張すべきは主張しないといけない」と感じた。

     「伊丹にジャンボが降りたら良いですね」

     引退のカウントダウンが始まった13年、先輩たちと何気なく交わした会話が、ANAの社内プロジェクトの一つとして動き出すことになった。騒音対策で運航できなかったジャンボ機を飛ばすプロジェクトは地元の理解なくして成立しない。「引退目前の今しかない、多くの航空ファンが来て注目され盛り上がる」と伊丹空港のスタッフらとともに杉浦さんは、地元をはじめ社内外を説得し、けん引車とジャンボ機をつなぐ金具(トーバー)など必要な資機材や人員の確保に走り回った。フライトは函館や長崎への里帰りフライトのような定期便ではなく、周辺5市の住民を招いた無償の遊覧飛行ということで実現することになった。

     「子どもたちに離陸する時のふわっとした感覚、窓から見える美しい景色を見て夢を持ってほしい。伊丹に空港があって良かったと思ってもらえたら」

     杉浦さんは資料の詰まったバインダーを手に特別なフライトの準備に向かった。
    出典 :ANA:ジャンボ機の伊丹フライトにこめた思い - 毎日新聞http://mainichi.jp/feature/news/20140111mog00m020003000c.html
2/2