Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

八咫烏は熊野本宮大社のお仕えだって?サッカーのシンボルにもなってる八咫烏だよ!

なぜ八咫烏がサッカー協会のマークなの?八咫烏熊野本宮大社のお仕えです。熊野本宮大社を追ってみました。

view74

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 八咫烏って何?

  • 八咫烏とは熊野の大神(素盞鳴尊)のお仕えです。「八咫」とは大きく広いという意味で、八咫烏は太陽の化身です。三本の足はそれぞれ天・地・人を顕わすと言われています。

  • 八咫烏の絵は

     

    太陽の化身の下に、神様と自然と人が同じ大きさの三本の足で血を分けた兄弟である示しています。

  • 熊野三社(熊野那智大社/熊野本宮大社/熊野速玉大社)の神使は八咫烏で、神武天王東征の折、険しい熊野の山を道案内して勝利に導いたとされ、勝利の神とされているからだそうです。
     

    険しい道の次を目指そう。

  • なぜサッカー協会は八咫烏をマークにしたの?

  • 天武天王の故事に習い、 よくボールをゴールに導くようにとの願いが込められています。蹴鞠の名人と言われた藤原成道は、蹴鞠上達のために五十回以上も熊野詣でをし日記には、熊野大神の御前で「うしろまり」の名技奉納と書き記してあります。

  • 中村覚之助

     

    「日本近代サッカーの始祖」と呼ばれた人物で近代サッカーを全国に広めた人です。また熊野の那智勝浦町出身です。サッカー協会は公式には明かしていないが、中村氏に敬意を表し八咫烏をシンボルマークにしたとも言われています。

  • 熊野の八咫烏と言えばサッカー日本代表のシンボルでもあります。私はサッカーには全然詳しくないけど、ザッケローニ監督は個人的に大好きな監督さんでした。文化も言葉も違う日本で、それだけで大変なことが沢山あったと思います。日本に来てくれて有難うございます。
     

    残された選手たちに4年後の成長を期待しましょう。

  • 『伊勢へ七度、熊野へ三度』

  • 熊野本宮大社

     

    全国の「熊野神社」の総本宮熊野三山において、威厳のあるたたずまいでまず迎えてくれるのが、熊野本宮大社です。

1/3