Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

足利市立美術館におでかけ。私の休日はギャラリーやミュージアム鑑賞

休日は足利市立美術館へおでかけ。友達と一緒に、彼氏と一緒に、自分から誰かを誘ってみては。東京は隠れたギャラリーやミュージアムがいっぱい。今まで見たこともなかった新しいジャンルの作品に出会うおでかけに。自分の審美眼を磨く方法の1つで、思いついた今がチャンス。休館日のチェックはお忘れなく。

view37

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 足利市立美術館ではどんな展示をしているの。

  • お知らせ

    2014年4月12日(土)~6月15日(日)、足利市立美術館開館20周年記念特別展として、「日本のこころ―相田みつを・入江泰吉、書と写真の世界―」が開催されます。どうぞご期待ください。ホームページでは、この展覧会の詳細を順次お知らせしていきます。
    出典 :足利市立美術館
  • 足利市立美術館

  • 集合住宅と併設された美術館としては日本国内でも珍しい建物です。生活との一体感があります。

  • 足利市立美術館の気になる作品はこちら

  • バーン・ジョーンズの作品が寄贈されました

  • 19世紀末のイギリスを代表する画家であるエドワード・バーン=ジョーンズが描いた油彩の肖像画《ヘレン・マリー・ガスケルの肖像》が、足利市出身の実業家・齋藤文男さんによって当館に寄贈されました。それにあたって、3月18日(火)、和泉聡足利市長ならびに齋藤文男さんのご家族である齋藤公蔵さん、齋藤完さん立ち会いのもと、美術館ロビーにて寄贈式が行われました。
    出典 :足利市立美術館
  • ギャラリーやミュージアムにおでかけする前に、最新のイベント情報を公式サイトなどでチェックしましよう。

  • 足利市立美術館の公式サイトは

  • 足利市立美術館は1994年4月に開館しました。市街地のほぼ中央に位置し、市の管理運営する集合住宅と併設されています。日常生活の中で美術と身近にふれあい、何かを感じ、考え、豊かな感性を育んでゆく―そんな文化の向上と人づくりのコミュニティをめざします。
    出典 :施設のご案内
1/3