Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

圏央道開通!日帰りで世界遺産2つをめぐる欲張り旅

view235

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 6月28日、ついに、圏央道 相模原愛川IC~高尾山IC間が開通!首都圏を迂回できるので渋滞緩和が話題になっていますが、都心から観光スポットへのアクセスも便利に。2013年、2014年に世界遺産登録が決まった「富士山」「富岡製糸場」の2つの世界遺産も日帰りでアクセス可能になりました。

  • 6月28日 圏央道 開通!

     
     

    相模原愛川IC~高尾山IC間が開通して便利になった高速道路。

  •  
     

    NEXCO中日本さんのおすすめコース☆

  • 富岡製糸場

     
     

    ■住所
    群馬県富岡市富岡1-1

    ■アクセス
    上信越自動車道富岡I.C下車、各駐車場まで約10分(3㎞)
    駐車場より徒歩約10分(500m) 

    ■開場時間
    午前9時から午後5時まで
    ただし、受付時間は午後4時30分までです。

    ■休場日
    ・年末 12月29日、30日、31日
    ・平成27年1月7日~3月25日までの毎週水曜日
      (水曜日が祝日の場合は、翌木曜日を休場)

    ■入場料
    大人500円
    高校・大学生250円
    小・中学生150円

  •  
     

    皆さんご存知! 2014年6月21日、ついに「富岡製糸場」が世界遺産登録が決定されました。

  •  
     

    富岡製糸場は明治5年に建てられた生糸をつくる工場です。

  •  
     

    世界遺産、行ってみたいですね!

  •  
     

    古い建物が保存されています。

  •  
     

    定時解説は無料なので時間が合えば是非参加したいですね。
    午前9時30分・10時・10時30分・11時・11時30分
    午後1時・1時30分・2時・2時30分・3時・3時30分・4時
    ※午前9時30分は4月~11月のみ
    ※午後4時は4月~9月のみ

  • 富岡銘菓「まゆこもり」

     
     

    精製された葛粉を原料にした江戸時代から続く銘菓。富岡製糸場に行ったらお土産に買いたいもののひとつ。

1/3