Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

高級レストランデートで恥をかかないためのマナー

view169

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 高級レストランデートでは、マナーを事前にしっかり勉強しておきましょう。マナー違反は、あなただけではなくてパートナーも恥をかいてしまいますよ!

  • 食事中のナイフとフォーク

     
     

    まだ食事の途中であれば、ナイフとフォークを「ハの字」にしておきましょう。
    画像右側のように、ナイフとフォークを揃えて右端に置くと、食事が終わったというサインになります。

  • スープを飲むときは

     
     

    スプーンを手前から奥に動かし、スープをすくいます。
    飲むときは、音を立てないように!
    お皿を傾けてまで飲み干そうとしないように!
    飲み終えたら、受け皿にスプーンをおきましょう。

  •  
     

    パンを食べるとき、そのままかぶりついてはいけません。バターも、パンをちぎってからつけましょう。

  • そのほか、食事中のマナー

  •  
     

    声のボリュームはほどほどに。

  •  
     

    床に落ちたフォークやナイフなどもウエイターが拾いますので、自分で動いてはいけません。ウエイターが気づいていない場合、手を挙げるなどしてウエイターを呼びましょう。

  •  
     

    一緒にお会計に行き、「私も払うから・・・」とお財布を出してはいけません。男性に恥をかかせぬよう、お会計は男性に任せましょう。どうしても自分もお金を出したいならば、お店を出てから。

  •  
     

    マナーに気を取られすぎ、食事がおいしくなくなっては本末転倒です。楽しくおいしく食事をすることも、お忘れなく。
    せっかくの高級レストランデートですから、2人の素敵な思い出になるような食事にしてくださいね!

2/2