Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

近代化産業遺産って?最近よく聞きますが何のことでしょう?

近代化産業遺産と最近よく聞きますが調べてみれば、「あ~、あのこと」っと知っているものも多い。学校の授業で、修学旅行で、また、大人になってから観光で訪れたあそこが実は「近代化産業遺産」でした。

  • ku_ba更新日:2014/06/24

view14

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あれから100年以上たった今も、ここはグラバーたちの家族が暮らした当時の記憶が、共に長崎を愛し長崎に暮らした貿易商たちの邸宅が、形を変えることなく残されています。
    出典 :グラバー園 | グラバー園について
  • 小菅修船場(ソロバンドック)

     

    <<アクセス>>
    JR長崎駅前から長崎バス(野母半島方面〔戸町経由〕乗車)利用15分、小菅町下車、徒歩5分

  • 日本各地に存在します。
    愛媛県新居浜市「別子銅山」

  • 別子銅山

     

    銅山峰の南側に位置する。

    愛媛県新居浜市「別子銅山産業遺産の里 マイントピア別子」
    という施設があり楽しみながら別子銅山の歴史を学べるテーマパークとなっている。

  • 江戸時代・元禄4年の開坑に始まり、昭和48年の閉山に至るまでの283年間の歴史を有し、また、四国山地の海抜1300mの旧別子の山中から瀬戸内海の四阪島まで新居浜市を縦断する距離約40kmという広大な範囲に及びます。
    出典 :別子銅山近代化産業遺産 新居浜市観光サイト
  • 地中深く掘り進められた坑道の延長は東京-岡山間と同じ約700km、深さは地下1000mまで掘り続けられました。総産出量は約65万トン、世界有数の産出量を誇った時期もあった日本三大銅山の一つです。
    出典 :別子銅山近代化産業遺産 新居浜市観光サイト
2/2