Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

魅力度ランキング47位の茨城県にある巨大建造物

魅力度ランキング47位に堂々輝いた茨城県ですが、そんなところにもある、というかそんなところだからこそ存在する、巨大建造物がたくさんあります。そんな建造物をご紹介します。

view100

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    県都である水戸市には、高さ17.3メートルという巨大な埴輪がそびえたっています。
    くれふしの里古墳公園内にあり、公園では楽しく古墳について学ぶことができる施設が盛りだくさんです。
    トイレや休憩所も古墳時代の風体になっています。

  • シンボルの「はに丸タワー(高さ17.3m)」に登ると内原地区が見渡せます。
    出典 :くれふしの里古墳公園 | 観光いばらき
     

    こちらも内部に入れる埴輪です。
    埴輪というよりも、完全に建造物ですね。

  • 住所:茨城県水戸市牛伏町
    入場料:無料
    定休日:1/1~3

  • 豊田城(常総市)

  •  

    常総市にあるお城です。
    この豊田城、史実をたどると確かにあったそうですが、その城のあった場所とは全く別の場所に、まったく別の、ご立派な城が建てられました。

  • この地域交流センターは、別称を「豊田城」といいます。
    当時は、このような天守閣(高さ48.5m)ではなく、カヤ葺きで小貝川の水を要塞としたものであろうと思われます。
    出典 :常総市ホームページ - 健やかに ひとを育み みどり豊かな まちづくり
     

    史実にあった豊田城よりも豪華で大きな天守閣を作ってしまいました。
    そういった意味ではこちらも立派な巨大建造物と言えるでしょう。
    ちなみに、正式には地域交流センターといい、常総市が管理しています。

  • 住所:常総市新石下2010
    観覧料:400円(3階以上に上がる場合)
    定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、12/28~1/4

2/2