Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

武蔵小山のたけのこ祭り「ムサコフェス」に行こう!

東京品川区にある東急目黒線沿線の武蔵小山。
4月20日(日)に「ムサコフェス」が駅前広場で行なわれます。
品川でたけのこ?その由来とは!?

view84

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • むさこマルシェ

  • 当日11:00~15:00の時間帯、ムサコフェスに提供しているタケノコの産地である千葉県大多喜町の物産展が行なわれます。
    目玉は掘りたてのたけのこです。
    そのほか、地元飲食店が出す屋台も楽しめます。

  • 音楽やダンスのイベントも行なわれます

     

    地元小山台高校や中学校の吹奏楽演奏会、ラテンバンドの演奏なども行なわれます。商店街各地でイベントも!

  • 筍は以前から商店街の縁起物でした。

  • 江戸時代から竹林が続いていたこの武蔵小山地区の商業を支えたのが筍で、貴重な収入源だったため、筍はこの地域では大切にされていました。
    また、竹はすくすく育つ、ということから、金運上昇や子孫繁栄の縁起物として大切にされていました

  • パルム会館入り口の「黄金だけ」

     

    金の筍のオブジェ。
    子供の成長を願う縁起物として商店街パルム会館の入り口に設置されています。
    筍はこの地域に古くから縁のあるものだったのです。

    キンキラキンでまぶしい~!!

  • 竹林は戸越村、中延村、碑文谷村まで広がり、明治時代には全国的に有名になりました。このあたりには「たけのこ勘定」という言葉までありました。大きな支払いはタケノコの出荷が終わってからすることを指した言葉です。
    出典 :小山のタケノコ | MG03
2/2