Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

家庭用脱毛器で簡単いつでもお手入れ🎵

家庭で自分でおこなえる脱毛器には、どんな種類があるのか、使用する前に気をつけることとは?

view83

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 《家庭用脱毛器の種類》

  • ◎レーザー方式
    レーザー脱毛とは、黒い色素の毛に反応して熱を加えます。
    そして毛に与えた熱が毛と繋がっている毛乳頭に熱を与え、毛細細胞を破格する仕組みになっています。


    ◎フラッシュ方式
    黒い色素に反応する光をお肌に当て、毛乳頭にダメージを与えるというのはレーザー脱毛と同じですが、フラッシュ方式ではインテンスパルスライトというレーザーとは違う光が使われています。

    効果を実感できるまでの回数はレーザー方式の方が早いでしょう。


    ◎サーミコン方式
    熱エネルギーがムダ毛に伝わって、ムダ毛の接触部分がカットされることで処理されていきます。
    サーミコン方式の場合、脱毛器というよりは除毛器と考えた方がいいと思います。


    ◎バジル方式
    従来の脱毛は、黒い色素の毛にフラッシュやレーザーの光が反応し、その毛を通じで、毛の司令塔である毛乳頭を熱の力で破格します。

  • 家庭脱毛器で脱毛できる部位

  •  

    全ての脱毛器が全てこの画像の部位全ておこなえるとは限りませんが
    基本的な、
    ・顔  ・ワキ
    ・背中 ・うで、足
    などは出来るものが多いでしょう。

  • 妊娠中は脱毛しても良い?

  • 結論から言うと、妊娠中に家庭用脱毛器を使う、もしくは脱毛するのは、やめておいた方が良いと思います。
    普段ならなんともない刺激でも、妊娠していると大きなダメージを受けてしまうこともあります。
    出典 :家庭用脱毛器のサイト | 効果のある脱毛器をわかりやすく紹介
     

    妊娠中は赤ちゃんを守るために、身体の中でホルモンバランスが変化します。

    それによって、ムダ毛の生え方も今までとは違ってムダ毛が薄くなる人もいれば、逆に濃くなる人もいるようです。
    それまでツルツルだったお腹周りにまで濃いムダ毛が生えてきて、 ビックリしてしまう妊婦さんも多くいるようです。