Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

関西での“ひまわりデート”はレクリエーション感満載♪楽しくお花見がきます!

お花見といえば、桜!という人も多いと思いますが、夏のひまわりも明るく元気になれる花なので、お花見にはぴったりです。特に関西のひまわり畑ではイベントや巨大迷路が作られていて、お花見を楽しくする工夫がいっぱいです。ぜひ、デートで訪れて見てくださいね。

view34

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 滋賀農業公園 ブルーメの丘

     

    場所:〒529-1628 滋賀県蒲生郡日野町西大路843
    電話:0748-52-2611
    期間:7月下旬~8月上旬
    開花数:3万本

  • 関西で人気のひまわり畑を見る場所といえば「滋賀農業公園 ブルーメの丘」です。ブルーメの丘はドイツの田舎町と農業のテーマパークである、農業畜産業と観光を一体化させたいわゆる1.5次産業を実現していることでも知られています。
    農産物の安定供給とともに、農業体験をレクリエーションを通じて農業への理解を深めることを目的としているいるこちらの施設では、ひまわりの他、菜の花、バラ、コスモスなど、季節の様々な花を愛でたり、ヒツジやヤギ、ウサギなどの動物たちと触れ合うことができます。

  • おいで野洲ひまわり迷路

     

    場所:滋賀県野洲市野田3441番地
    開催期間:毎年8月上旬~下旬 土日のみ(9時~16時)
    本数:およそ6万本

  • 楽しくひまわりのお花見ができる場所として、「おいで野洲ひまわり迷路」もおすすめです。こちらでは、高いひまわりの背丈を利用して、ひまわりで迷路が作られています。また、迷路内にはクイズが設置されており、全問正解者には賞品も用意されているなど、様々な楽しい仕掛けがあります。一緒に謎を解いたり、迷路を歩き回るので、二人の距離もぐっと縮まる楽しいデートができますね。

  • 赤花そばの郷ひまわり畑

     

    場所:〒668-0352 兵庫県豊岡市但東町赤花159−1
    電話:0120-119-247
    見頃時期:毎年8月上旬~中旬
    本数:50万本

  • 大規模なひまわり畑が楽しめる場所として人気なのは「赤花そばの郷ひまわり畑」です。
    50万本のひまわりが咲き誇る、「赤花そばの郷ひまわり畑」ではは摘み取って持ち帰ることが無料で行えるとあって、素敵な思い出作りのデートにぴったりの場所です。
    それというのも、このひまわり畑は休耕田を利用して植え付けられているからです。専用のハサミをその場で借りることができるのも、人気の理由のようです。

  • 向日市ひまわり畑

     

    場所:向日市鶏冠井町沢の東17−1
    開花時期:8月初旬頃
    本数:約3,000本

  • 楽しいイベントとともにひまわりのお花見ができるのは「向日市ひまわり畑」です。こちらのひまわり畑では約5haの面積に約20万本のひまわりが咲き、模擬店や「懐かしのかかしコンテスト」などのイベントが行われいます。また、ひまわりも「巨大ひまわり迷路」となっており、体験型のお花見エンターテイメントを楽しむことができます。こちらのひまわり畑は休耕田を利用しており、地域の発展と地力の回復、そして地元の人の交流を深めるイベントとして親しまれるだけでなく、観光資源としても有益な場所となっています。