Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

これから夏本番!!涼しいスポットでのんびりしよう【東京】

暑くなってくると、クーラーのきいた部屋にいがち、、、でも、東京都内で涼しいスポットはたくさんあります。3つのキーワード「大自然」「スイーツ」「インドア」毎のスポットをまとめてみました。

  • kon3更新日:2014/05/21

view4482

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「大自然」の涼しいスポット

  • 【小石川後楽園】

     

    23区にいながら滝浴みをすることができます。大きな池もあり、水系のおすすめひんやりスポットです。

    http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html

  • カヌーのメッカ【御岳渓谷】

     

    多摩川の上流にある『御岳渓谷』は、「秩父多摩甲斐国立公園」内でも特に美しい清流美として、環境庁から日本名水百選に指定されている。
    両岸には、約4kmもの遊歩道が整備されており、四季ごとにその様相を華やかに変える渓谷は絶景。カヌーのメッカとしても広く知られ、また日本画壇の巨匠・川合玉堂の作品が展示されている「玉堂美術館」をはじめ、御岳渓谷には美術館や記念館も点在しており、遊歩道を散策しながら立ち寄ることができる。

    http://www.omekanko.gr.jp/index.php

  • 東京とは信じられないほどのひんやりスポット【日原鍾乳洞】

     

    関東一の規模を誇る『日原鍾乳洞』の洞内は、年間を通じて約11度。夏はひんやり涼しくて、冬は暖かい。手つかずの自然を楽しみながら、幻想的な景観を満喫することができる。

    http://www.nippara.com/index.htm

  • 【ゆずの里 勝仙閣】

     

    初夏には鮎も解禁となり、(当館では直前まで、天然いけすで泳いでいる新鮮な活き鮎をご提供)、‘東京唯一の川床料理’も始まり、川涼みの気持ち良い季節。都心より3~5℃気温が低いので、プチ避暑地としても。
    お水のきれいな御岳渓谷を利用したラフティング(川下り)やシャワークライミングなどアウトドアも盛んになります。

    http://yuzunosato-shosenkaku.com/shosenkaku/

  • 夏の風物詩といえば!!【隅田川の屋形船】

     

    川の上で舟に揺られながら天ぷらでも食べていると、暑さも忘れられることでしょう。いや、むしろ暑さが心地よいかもしれません。

  • 流しそうめんをつるっと【季節料理 鮒宿】

     

    高いところから流すタイプではなく、着座して食べられるように、テーブルに段差があってぐるっと廻る形です。
    夏季限定。

  • 「スイーツ」の涼しいスポット

  • 貴重な天然氷を使ったかき氷は、まさに貴重な味【だるまや餅菓子店】

     

    “天然氷”のかき氷。自然の寒さと人の手入れによって時間をかけて作られる天然氷は、年々生産量が少なくなっているそう。 試行錯誤を重ね、かき方にも工夫を凝らした氷は、見た目にもその滑らかさが表れ、口に入れるとフワッと、まるで雪を食べているような感触。イチゴやライチなどフルーツ系もよいが、食べてほしいのは宇治金時。京都のお茶屋さんにオリジナルで作ってもらっている抹茶は、芳しい香りと濃い味わいがまろやかな氷と、上品な甘さの餡に合う。ここでは1年を通してかき氷が食べられるが、天然氷は仕入れる量が限られているため、純氷を使わざるを得ないときもあるとか。自然の恵みに感謝しながら、ぜひ味わって食べたい。

  • 良い素材と、昔ながらの作り方で生まれるのは、甘党に長年愛される味【甘味処 初音 】

     

    創業は1837年、サツマイモの加工品販売から始まったという。関東大震災や東京大空襲など様々な出来事を乗り越えて、手作りの下町の味を守り続ける『初音』。なんと言ってもここの看板メニュー「あんみつ」は、こだわりの素材を使い、手間暇かけて作られた絶品の甘味。北海道の手選り小豆、伊豆七島の天草をブレンドして作る寒天、沖縄諸島の黒糖と、それぞれ良いものを使って手作りされた餡、寒天、蜜が織り成す味は、どこか懐かしく、それでいてここでしか食べられないもの。

1/2