Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

【神様のお引越し】式年遷宮後のお伊勢参りはお済みですか?

昨年はTVで見ない日はないくらい報道されていた伊勢神宮の『式年遷宮』。大切な祭事が無事終わり、伊勢神宮は落ち着きを取り戻しています。お引越しを終えた神様に、改めてご挨拶にいかれてはいかがでしょうか?

view20

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【まずはしっかり予習!!】伊勢神宮の基礎知識

  • 「お伊勢さん」と親しまれている伊勢神宮は正式の名を「神宮」といい、皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)を中心に、大小125の宮社からなります。内宮の正殿に祀られているのは太陽にたとえられる神さま天照大神です。
    出典 :式年遷宮とは|式年遷宮NAVI:近鉄
     

    伊勢神宮は1つの場所だけを指すのではなく、内宮・外宮をあわせた『総称』です。内宮と外宮が離れた場所にあることをご存知無い方もいらっしゃるのでは?

  • 豊受大神宮(外宮)【とようけだいじんぐう(げくう)】

     

    外宮には食物・穀物を司る神である豊受大御神がお祀りされています。内宮創建から500年後に伊勢の山田原にご鎮座された『衣食住をはじめ、あらゆる産業の守り神』です。
    実は外宮と内宮は同時期につくられたものではないのですよ。

  • 豊受大神宮(外宮)
    【電話番号】0596-24-1111(神宮司庁)
    【住所】伊勢市豊川町279
    【交通】近鉄・JR伊勢市駅から徒歩約7分・近鉄宇治山田駅から徒歩10分
    出典 :伊勢市観光協会/外宮
  • 皇大神宮(内宮) 【こうたいじんぐう(ないくう)】

     

    皇室の御祖先の神である天照大御神がお祀りされています。垂仁天皇の26年(紀元前4年)に、神路山・島路山を源とする五十鈴川の川上にご鎮座された『日本人の総氏神』です。
    ちなみに、氏神とは、日本において、同じ地域(集落)に住む人々が共同で祀る神道の神のことを指します!

  • 皇大神宮(内宮)
    【電話番号】0596-24-1111(神宮司庁)
    【住所】伊勢市宇治館町1
    【交通】 近鉄宇治山田駅からバス約20分「内宮前」下車、近鉄・JR伊勢市駅からバス約20分「内宮前」下車
    出典 :伊勢市観光協会/内宮
  • 『式年遷宮』ってどんなことをするの?

  • 伊勢神宮では、平成25(2013)年10月に、第62回式年遷宮の遷御の儀が行われました。式年遷宮は、20年に一度、社殿を建て替え、御装束・神宝も新たに造り替えて、神さまにお遷りいただくという、神宮でもっとも重要な祭です。
    出典 :式年遷宮とは|式年遷宮NAVI:近鉄
     

    神様は20年毎にお引越しをされるのですね。

  • ご神体をお遷しする遷御まで、8年の歳月と30以上の祭を重ねて壮大に行われました。式年遷宮の始まりは飛鳥時代の持統天皇4(690)年。約1300年の昔から、時代の荒波をこえて続けられてきた祭なのです。
    出典 :式年遷宮とは|式年遷宮NAVI:近鉄
     

    1300年前から脈々と受け継がれてきた大切な祭なのですね。

  • 御正殿【ごしょうでん】
    「唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)」という日本古来の建築様式を伝える御正殿。屋根は萱葺きで、9本の鰹木(かつおぎ)がのせられ、先端の千木(ちぎ)は内宮の御正殿とは異なり垂直に切られています。
    出典 :伊勢市観光協会/外宮
     

    式年遷宮が終わった外宮では、現在『御正殿』にて新旧の建物を見ることができます。

1/2