Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

【神様のお引越し】式年遷宮後のお伊勢参りはお済みですか?

view21

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 昨年はTVで見ない日はないくらい報道されていた伊勢神宮の『式年遷宮』。大切な祭事が無事終わり、伊勢神宮は落ち着きを取り戻しています。お引越しを終えた神様に、改めてご挨拶にいかれてはいかがでしょうか?

  • 【まずはしっかり予習!!】伊勢神宮の基礎知識

  •  
     

    伊勢神宮は1つの場所だけを指すのではなく、内宮・外宮をあわせた『総称』です。内宮と外宮が離れた場所にあることをご存知無い方もいらっしゃるのでは?

  • 豊受大神宮(外宮)【とようけだいじんぐう(げくう)】

     
     

    外宮には食物・穀物を司る神である豊受大御神がお祀りされています。内宮創建から500年後に伊勢の山田原にご鎮座された『衣食住をはじめ、あらゆる産業の守り神』です。
    実は外宮と内宮は同時期につくられたものではないのですよ。

  •  
  • 皇大神宮(内宮) 【こうたいじんぐう(ないくう)】

     
     

    皇室の御祖先の神である天照大御神がお祀りされています。垂仁天皇の26年(紀元前4年)に、神路山・島路山を源とする五十鈴川の川上にご鎮座された『日本人の総氏神』です。
    ちなみに、氏神とは、日本において、同じ地域(集落)に住む人々が共同で祀る神道の神のことを指します!

  •  
  • 『式年遷宮』ってどんなことをするの?

  •  
     

    神様は20年毎にお引越しをされるのですね。

  •  
     

    1300年前から脈々と受け継がれてきた大切な祭なのですね。

  •  
     

    式年遷宮が終わった外宮では、現在『御正殿』にて新旧の建物を見ることができます。

1/2