Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

生野銀山(「鉱石の道」の歴史をたどる)(-ω-)/

幕府の直轄として栄えた、生野銀山パワースポットのまとめです!!

view74

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 幕府の直轄鉱山として栄えた 史跡生野銀山

  • 生野銀山は、大同2(807)年に開坑したと伝えられています。
    織田、豊臣、徳川の幕府直轄鉱山として栄え、明治元(1868)年には政府直轄となり、その後は皇室財産にもなった大鉱山です。
    昭和48(1973)年に閉山しましたが、実際に掘られていた坑内に入り、当時のままの岩肌や、電機仕掛けの人形により再現された作業風景を見ることができます。
    出典 :生野銀山 | 朝来市
  • 銀がとれてやまない鉱山!
    今でも神聖な場所として扱われている!!

  • 生野鉱物館(生野銀山文化ミュージアム)

  • 江戸時代までの生野銀山、明治以降の生野鉱山の歴史、探鉱・採掘・選鉱・精錬の工程、鉱山町特有の町並み、鉱山文化などのパネル展示や、生野鉱山で長く活躍された藤原寅勝コレクション609点、小野治郎八コレクション155点などの貴重な鉱物標本なども展示されています。
    また、生野銀山、石見銀山の、江戸時代の原寸大坑道模型(狸掘り)も展示されており、実際にその坑道模型を潜る体験もできます。
    出典 :生野銀山 | 朝来市
  • 子供料金は100円なので気軽に見学できる!

  • 生野銀山

  •  

    生野銀山!!
    正門前!
    見学自由!

1/3