Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

進化し続けるキャットストリートを散策

キャットストリートの名前で知られる、その通りはおしゃれな若者たちの必須スポット。並ぶお店をのぞきつつ、ぶらぶら散策するのにも最適です。

view126

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • キャットストリートはこんな感じです・・・

  • キャットストリート

     

    お昼のキャットストリートを散策

  • 渋谷 キャットストリート 夜

     

    夜はこんな感じ。相変わらず、人は多いです。

  • キャットストリートとは?

  • 旧渋谷川遊歩道路(きゅうしぶやがわゆうほどうろ)は、東京都渋谷区にある遊歩道である。遊歩道以外の区間を含めて、キャットストリートという愛称・俗称でも知られる。

    東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)、暗渠化された渋谷川(穏田川)の上に作られた。ブティックや飲食店など、近隣の表通りよりも小規模な商店が集積しており、「裏原宿」の中心となる通りのひとつとなっている。1996年(平成8年)以降、通りは渋谷区の区道となっている。
    出典 :旧渋谷川遊歩道路 - Wikipedia
     

    正式名称は違うんです

  • マップ

  • 明治通りの宮下公園付近に始まり、表参道交番の地点で表参道を横断、渋谷区心身障害者福祉センター付近まで進む道の愛称[1]。名前の由来には、「猫の額のように狭い通りだから」、「猫が多いから」、「"ブラックキャッツ"という音楽バンドが生まれた土地だから」、などの諸説がある。

    キャットストリートは神宮前3丁目から5丁目にかけて整備されている遊歩道であり、これは1967年(昭和42年)3月に暗渠とされた渋谷川(穏田川)の上に作られている。

    キャットストリートはもともと、神宮前5丁目の明治通りに近い一部の区間を除いては完全な遊歩道であり、自動車の通行は出来なかった。しかしながら防災や建築基準法の観点(遊歩道は道路と看做されておらず、暗渠沿いの建物の建て替えなどが出来なかった)から、1994年(平成6年)10月より車道も通るように改められた。
    出典 :旧渋谷川遊歩道路 - Wikipedia
  • さて、ストリートを散策すると・・・

  • そして大きな転機となったのが、バブルの頃から表参道に有名ブランドがこぞってショップを出店し始めたことです。その影響でキャットストリートにもショップが増え始めましたが、表参道と大きく異なるのは、ストリート感覚の強いショップが多く集まったことでした。90年代半ばから古着系やインディーズ系を中心とした個性的なショップが集い、「裏原宿」と呼ばれて流行の発信地となったことがそれを象徴しています。さらに並行して、1998年「パタゴニア」、2000年「ユナイテッドアローズ」「hhstyle.com」など、ファッション系やデザイン系の大型ショップもオープン。若者の個性や感性を重視するエリアとして、現在もトレンドの発信力をますます強めています。
    出典 :BUNKA X AREA | キャットストリート─かつて水車が回った遊歩道 | 渋谷文化プロジェクト
     

    明らかに、表参道や明治通りとは、雰囲気が違います。

1/2