Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

「将門の首塚」はやっぱり特別なエネルギースポット

view116

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 東京・大手町のビジネス街に突如現れる鬱蒼とした場所-「平将門の首塚」は、様々な都市伝説があり、恐れられているスポットとして有名ですが、強いエネルギーを持つ神様は丁寧にお参りすると強い味方になってくれるといわれています。
    そんな特別なエネルギーをもらいに多くの人たちが首塚には訪れています

  • オフィス街のど真ん中にあります!

  • 大手町駅からの道のり

     
     

    地下鉄大手町駅C5出口から歩いてすぐ。
    こんなふうに、道案内が出ています。
    東京都千代田区大手町1丁目2番1号
    まさに東京のど真ん中にあります。

  •  
  •  
     

    周りの住民や会社員に丁寧に祀られています

  • 首塚の歴史

  • 940年戦死した平将門の首は平安京まで送られ東の市、都大路で晒されましたが、3日目に夜空に舞い上がり故郷に向かって飛んでゆき、数カ所に落ちたという伝承があります。
    その落ちた地は数か所あり、いずれも平将門の首塚とされています。
    大手町の首塚はその1つです。

  •  
     

    「伝承」の真実はこのように言われています。

  • そもそも平将門って?

     
     

    平安時代中期関東地方生まれ。
    桓武天皇の子孫の家系でしたが、権威はさほど大きくありませんでした。人柄が認められ京で朝廷に仕える立場になりますが、権力争いに巻き込まれ乱を起こすことになります。
    戦死した首は京都で晒されます。
    晒し首にされた人としては史実上平将門が最初の人物です。

  • 何が怖いの?

  •  
     

    将門の怒りは相当強いものだったといわれています。

1/3