Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

行った人にしかわからない!関東で神秘体験、ケイビングを楽しもう!

関東はケイビングを楽しむ人が全国的に見ても多いと言われています。
ケイビングは最近知られているスポーツの一種です。探検気分も味わえて神秘的な体験ができると大人気!
関東ではケイビングができる場所が限られているといわれていますが、それでもちゃんとあるんですよ!
関東でケイビングを楽しんでみませんか?

view312

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 清見が岡周辺は小規模なカルスト地域。六角形のお堂の後ろの崖についている扉から鍾乳洞に入る。壁際にカーテンといわれる鍾乳石の壁が見られる。広さはないが、ガジュマルの気根も垂れ下がり、洞窟探検気分が味わえる。見学希望者は母島観光協会に申し込みが必要。
    出典 :母島観光 | 小笠原村
  • 【群馬】矢弓澤鍾乳洞

  • 矢弓澤鍾乳洞。
    通いつめてみると新たな発見もあり、ガイドしてて楽しい!
    四季にみるこうもりの生態や、支洞の発見。
    この穴はアナどれん(笑)

    いま、1日ツアーをこの穴でやっていますが、2日かけてもおもしろいツアーを組めるかもと妄想中。
    出典 :++水上より愛を込めて++ - livedoor Blog(ブログ)
     

    ガイドさんも大絶賛の洞窟探検!
    これは気になるね!
    ケイビングに参加するのには自信がなくても鍾乳洞に行くだけで楽しめそうな予感!

  • 日原鍾乳洞

  • 関東随一といわれる規模を誇り、荘厳な雰囲気を漂わせる白衣観音をはじめ、巨大なカエルを思わせるガマ岩、時の彼方に引き込まれそうな天井知らずなど、幻想的な景観を繰り広げています。
     とくに新洞部分はみごとに成長した石筍、石柱の数々が乱立する別世界。約40分の洞内めぐりの中でもハイライトといえるでしょう。つらら状に垂れ下がる鍾乳石は3センチ伸びるのに200年、上に向かって成長する石筍は400年の年月を費やします。
    出典 :日原鍾乳洞
  • 更に奥に進むとフェンスが張られていて、穴の先には行けないようになっていますが・・・今、調べたら日原鍾乳洞も「ケービングツアー」があるようです。「立ち入り禁止」エリアをケービングするみたいですけど。
    出典 :日原鍾乳洞 その2|洞窟探検愛好会
     

    これ、ちょっと怖いですよね^^;
    立ち入り禁止区域になっているっていうことは、危険な箇所があるとか何らかの理由があってそうなっているわけで・・・
    そこへあえて踏み込んでいくのは最初はちょっと勇気がいるなぁと思ったり。

  • ケービングはそれなりに体力は必要だし、泥まみれになってしまいます。
    でも、自分の体力に合わせて楽しむことが可能なスポーツだと思います。
    最初からいきなりハードなコースを進む必要はありません。
    普通の観光客同様、まずは洞窟内を観光でもいいから歩いてみることからはじまるんじゃないかな。

    せっかくケービングにぴったりのフィールドに恵まれているのですから、もっともっと日本人の間でケービングが普及するといいな、と思います。

2/2