Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

埼玉の氷川神社は文化財指定、古文書と歴史のある場所

埼玉にある歴史がある市の指定文化財、「氷川神社」ですが、多くの方がパワースポットとして観光に訪れます。その歴史や貴重な古文書について、さらに神社の内容や関係するイベントをお伝えします。隣には大宮公園があります。

  • yt更新日:2014/12/12

view57

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歴史

  • 「神社の名前」

    氷川神社の名前の由来は、すぐ側に流れている荒川と関係があり、出雲にある斐伊川(氷川)に似ているということから名付けられました。出雲の川はかなりの激流の印象を受ける暴れ川と呼ばれてもいました。

    住所:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1丁目407
    電話番号:048-641-0137

  • 2000年以上の歴史

     

    近年、歴史が好きな女性が増えた時期がありました。
    現在も同様に、歴史に興味を持つ女性が多くおられますので、氷川神社の歴史にも通じておられる方もいます。

    埼玉の氷川神社は、約2000年以上も以前から存在します。
    そのため、建物は市の文化財に指定されました。

    歴史や氷川神社の背景に詳しい方は、出雲、武蔵国造ということに通じておられます。
    後に述べますが、この2つは氷川神社に大きく関わることになります。

    パワースポットとして有名になり、近年訪れる方たちが増えています。
    こちらの神社の神は力と縁に関わっているとされています。
    実際、ご夫婦の縁、パワーなどを求めて参拝する方がほとんどです。
    観光地として歴史的建物を見学する方も多くいます。

  • 現在まで関わる人物

  • 有名な武将など

     

    埼玉の氷川神社に関わる人物は多くいます。

    最初は出雲から武蔵国造ができました。
    日本武尊が建物を建造し、その後平貞盛、徳川家康と伊奈忠次が関わります。
    戦国武将が勝利を収めた時に再建されたことなど、数多くのエピソードがあります。

    近年では、明治天皇から現在に至るまで氷川神社の建物は維持管理されています。
    200万人も観光客が訪れるスポットとなっています。
    参拝する神社の中でも上位にきています。

  • 見学する品

  • 古文書

     

    埼玉の氷川神社には古文書や関係する文書が90以上もあります。
    昭和40年に「氷川神社文書 一括」は、市の有形文化財と指定されました。

    古文書を見るためには通常許可が必要です。見学したいことを申し出てから見ることができます。
    その時にもよりますが、公開中の場合もあります。その場合は自由に見学できます。
    写真のように展示しているものを見ることもできます。

    古文書の種類は多く、内容もそれぞれ異なります。
    歴史の好きな多くの女性は見学したいと思われます。

  • 周辺

  • 氷川参道

     

    氷川参道は、およそ700本も木が植えられています。
    ケヤキの木が中心となっています。

    他の神社や公園の配置も考えられており、木のバランスが保たれています。

    桜など四季により目立つ花や植物、木が変化します。
    並木道も敷地も広大で、公園へと続きます。

  • パワースポットの名所に

1/2