Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

東京近郊の梅の各名所で行う【梅まつり】で日本の心を堪能しよう

東京近郊にある梅の名所。各地で開催される梅まつりとは?東京近郊の梅まつりを紹介。

view28

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 各地の素晴らしい梅の名所で開催される梅まつり

  • 色とりどりの梅

  • 日本一の梅の里:吉野梅郷 梅まつり

     

    青梅市 吉野梅郷一帯、青梅市梅の公園

    期間は3月1日(土)~3月30日(日)

    イベントは地元特産品販売、スタンプハイク、俳句展示・投句など

  • 吉野梅郷(よしのばいごう)とは、JR青梅線日向和田駅から二俣尾駅までの多摩川南側、東西4キロメートルに広がる地域で、青梅市梅の公園をはじめ、吉川英治記念館、青梅きもの博物館などの観光スポットが点在しています。

    毎年2月下旬から3月31日まで、吉野梅郷梅まつりが行われ、青梅市梅の公園を中心に、ほのかな香りをあたり一面にただよわせます。

    また、梅まつり期間中である3月中旬の日曜日に、梅の公園と神代橋通りで「観梅市民まつり」を開催します。パレード、お囃子、郷土芸能、野点、琴の演奏など、数々のイベントで大変盛り上がる一日となります。
    出典 :吉野梅郷【梅まつり】関東から気軽に日帰り観梅
  • 口コミ№1の梅の名所 偕楽園(かいらくえん)

     

    茨城県水戸市常磐町1-3-3
    問い合わせ:029-244-5454/偕楽園公園センター
    入園無料(好文亭は観覧大人(高校生以上)190円、小人(小・中学生)100円)


    品種が多いため早咲きから遅咲きまで、長期間楽しめるのが特徴

  • 水戸の偕楽園 梅まつりイベント

     

    野点茶会やひな流し、撮影会などの多彩なイベントが開催される。

    開催期間2014年2月20日(木)~3月31日(月

  • 金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三公園の一つ。天保13年(1842)、水戸藩第9代藩主徳川斉昭によって造園され、民と偕[とも]に楽しむ場にしたいという願いから偕楽園と名付けられた。13haの広々とした園内には、約100品種3000本の梅が植えられ、2月20日(木)~3月31日(月)に行われる毎年恒例の梅まつりでは、野点[のだて]茶会や琴の演奏が楽しめる。梅の季節が終わると桜、ツツジ、そして9月には萩が園内を彩る。
    出典 :偕楽園(茨城県水戸市):梅の名所2014:るるぶ.com
  • 新東京100景に選ばれる 湯島天神 梅まつり

     

    東京都文京区湯島3-30-1
    03-3836-0753
    (湯島天満宮(湯島天神))
    料金: 境内無料(宝物殿は500円※梅まつり期間中は割引料金300円、小・中学生100円)
    期間は2014年2月8日(土)~3月9日(日)


    「梅の名所」としても人気。

  • 梅の名所として江戸時代から有名な湯島天満宮。境内の梅園には加賀梅など約20品種300本の梅が植栽されている。梅まつり期間中の土・日曜には、パフォーマンスショー、野点(参加費500円)、天神太鼓、落語、物産店などが開催され、毎年賑わいをみせる。また、17~19時は「夜観梅」(ライトアップ)も行われる。
    出典 :湯島天神 梅まつり 湯島・本郷のイベント:るるぶ.com
     

    歴史はやはり古いです。

  • ライトアップが幻想的と人気の高い 六義園

     

    文京区本駒込6-16-3
    電話:03-3941-2222


    園内には、渡月橋周辺を中心に約12本のウメがあり、早春にはウメの香りが漂う。

1/2