Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

東京でバードウォッチングを楽しめるスポットをご紹介

バードウォッチングというと、自然豊かな場所、というイメージがありますが、都内の公園でも楽しむことができます。東京でバードウォッチングができるスポットをご紹介します♪

view42

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「東京港野鳥公園」で水鳥ウォッチング

  • 大田区にある「東京港野鳥公園」は、海に隣接していることもあり、さまざまな水鳥を観察することができます。水鳥は、飛んでいる鳥に比べて、バードウォッチング初心者にも観察しやすい◎

  •  

    中央卸売市場に隣接する都立の公園です。

  • 東西1km以上に渡る広大なこの公園はバードウォッチングの有名スポットで、シギ、チドリ、カモ、オオタカなど、開園以来200種類以上の野鳥が観察されているそうです。園内各所にはバードウォッチングのための観察小屋があり、双眼鏡を持参しなくても備え付けの望遠鏡で鳥観察がOK。
    出典 :東京モノレール:モノレール路線案内>流通センター駅>構内情報
     

    200種類以上ってすごい!

  •  

    都内でオオタカまで観察できます!

  • 公園の3分の1が鳥類園「葛西臨海公園鳥類園」

  • 江戸川区にある「都立葛西臨海公園」は、その80haの敷地の約3分の1が「鳥類園」として整備されています。水族館で海の生き物を見たあと、屋外で鳥を観察するのはいかがですか?

  • かつて葛西沖には、三枚州・高須などの広大な干潟が広がっていました。豊富な餌を求めてさまざまな水鳥や猛禽類が飛来していましたが、埋立によってその大半が失われてしまいました。鳥類園では汽水池・淡水池・森などの環境を造成し、かつての豊かな自然環境を取り戻す試みを行っています。
    出典 :認定NPO法人 生態工房:葛西臨海公園
     

    「汽水」とは淡水と海水が入り混じったところのこと。

  •  

    カイツブリなどが観察できます♪

  • 多摩丘陵でバードウォッチング!

1/2