Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

20140521
 

花火大好きさん集まれ!横浜開港祭花火をちょっとオシャレにレストランでご観覧!

view243

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 横浜開港祭花火を、ちょっと豪華でオシャレにレストランで観覧してみるというのもいいですよね。初夏の風物詩ともなっているこのお祭りは、多種多様なイベントが盛りだくさん用意されているので、仲間や家族、恋人同士で、美味しい食事を頂きながら夜空に咲く花を眺めてみてください。

  • 横浜開港祭に行ったことのない人のために

  • 関東で一番早い花火大会

     
     

    開港祭は横浜みなとみらいの21地区が会場となっていて、関東にもうすぐ夏がやってくることを知らせてくれるお祭りです。観客数もかなり多い大イベントなので、大人でも迷子になってしまうかもしれませんね。そしてうらやましいことに、この日は記念日となっているので横浜市の小中高の学生たちはお休みだそうです。1995年にはハマーというマスコットキャラクターが誕生していて、みんなに親しまれているようです。2日間にわたって行われるお祭りのクライマックスの花火大会は、光と音、水に花火のとても豪華で華麗なショーが楽しめるとあって、毎年70万人近くの人が訪れるということです。

    開催地/神奈川県横浜市西区みなとみらい
    場所/臨港パーク前海上
    日程/2014年6月2日(月)
    時間/20:20~20:50
    雨天/雨天決行。荒天の場合は未定(要問合せ)
    打上数/6,000発
    問い合わせ/横浜開港祭実行委員会
    045-212-5511

  • 今から33年前に国際デーブレ横浜どんたくとして開催されたのが、この横浜開港祭花火の始まりだそうです。そして何度か名前を変えながら、19年前に現在の祭へと移り変わってきたということで、歴史も人気もあるお祭りなので、横浜に遊びに行くならこの祭りの時期に合わせて、美味しい食事をレストランで頂きながら花火をみるのもいいですよね。

  •  
     

    開港155年ということで、横浜ではイベントが目白押し!ぜひ遊びに行ってみたいですね。

  •  
     

    横浜開港祭のテーマは、開港を祝って横浜港に感謝しましょうということで産声を上げたお祭りです。港は昔も今もたくさんの人々が行きかう場所です。開港したことを祝いながら、これからもよろしくという意味も込めて、最大なイベントを楽しみましょう!

  •  
     

    歴史や文化の歴史ある横浜では、今年も5月31日・6月1日の2日間にわたって、パレードやマーケット、ジャズフェスティバル、フリマなどイベント満載!

  • 食事しながらのんびり花火を楽しもう!

  •  
     

    花火大会というと、屋台で買って食べながら鑑賞するというイメージだけれども、横浜という歴史もありオシャレな場所だから、ちょっと予定変更してみてもいいかもしれません。

1/3