Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

神輿を担げる東京のお祭りは三社祭(浅草神社例大祭)!日本人の心が熱くなる!

夏の風物詩、三社祭(浅草神社例大祭)。情緒あふれる東京浅草の下町に全国から150万人もの人が集まり、にぎわいます。今では少ない神輿を担げる祭りとして、多くの人がわっしょい!と心躍らせます。迫力ある神輿祭りは、日本人の心を熱くしてくれます。

view46

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ■三社祭(浅草神社例大祭)とは

  • 三社祭とは、毎年5月に執り行われる東京浅草神社での例大祭です。
    浅草神社の神輿3基と、町内の神輿が、浅草を練り歩くお祭りです。
    正式には、「浅草神社例大祭」と言われています。

    そばの雷門で有名な浅草寺のお祭だとよく勘違いされるのですが、テレビによく出る浅草寺ではなく、割と知られてない浅草神社のほうのお祭なんです。

    隅田川で投げ網をしていた、檜前浜成・竹成の兄弟が捧持された観音像を土師真中知が自宅にお祀りしたのが浅草寺のはじまり。
    のちに土師真仲知命と檜前浜成命・竹成命の三名を三社権現と称しお祀りされたのがこの浅草神社の起源となるんです。

    地元の人は、浅草神社の事を「三社様」と呼んでいます。
    この三社祭りは、一之宮に士師真中知命、二之宮に桧前浜成命、三ノ宮に桧前竹成命の神霊が、浅草神社に祀られていることが由来です。
    この三社様の神輿3基と、三社祭を盛り上げる100基もの神輿が、豊作や疫病退散、無病息災などの祈りとして行われています。

    三社祭は、参加もできるお祭りなので、運気アップに参加する人も多いかも!?

  • ■三社祭のみどころ

  • この三社祭、

    とにかく熱気にあふれていて、江戸っ子の熱~い魂を感じることができるお祭

    ですw
    出典 :浅草三社祭2016!日程と見どころを一挙紹介♪ | みおねっと
  • 三社祭の最大のみどころは、神輿が練り歩く姿!「宮出し」
    15日に行われます。

    浅草の町会神輿100基が浅草寺に集まり、神様にお参りをします。その後、安全に執り行われるようにお祓いをしてもらい、各それぞれ1其ずつ浅草の町を練り歩きます。
    様々な神輿があって迫力満点!

    初めて見る人はおののいてしまうほどの圧!
    怪我をしないように注意が必要です。
    迫力あるたくさんの神輿が町中を駈け廻り、大いに沸きます。

  • この神輿担ぎを見に来る人がほとんどです。
    荒々しく威勢のいい掛け声は、まさに江戸っ子!

    毎年この神輿担ぎに命を燃やして地元の人達が参加しています。
    以前は地元の人ばかりでしたが、今は外部からも参加できます!

  • ■2016年三社祭日程

1/2