Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

いざ鎌倉!!七福神巡りよし。海の幸よし。おしゃれなお店でお買い物してもよし。

鎌倉は都心から一時間というアクセスがよく、気軽にお出かけができて、「食べる・飲む」「買う」「知る・見る」「習う・体験する」「歩く・回遊する」「泊まる」何でもできてしまい、訪れるとどこかほっとする場所です。季節毎にテーマを決めて訪れてみては?

  • kon3更新日:2014/03/25

view123

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 朝廷・貴族支配から武家支配へ移行していく日本史上の大転換点において、源頼朝を中心とする武家が政権を樹立した地、鎌倉。質実剛健を旨とする武家の精神性と、従来の貴族文化や中国の宋・元の文化が融合し、形成された武家文化は、現代に至るまで日本の社会に大きな影響を与え続けています。
    出典 :鎌倉のこと | 鎌倉INFO | 鎌倉市観光協会
     

    東京から電車で1時間ほどの鎌倉は、1千年の歴史と文化、自然、そして、時代を先取りした新しいセンスを味わわせてくれる古都として、年間2千万人もの来訪者で賑わっている。

  • 鎌倉 見取り図

     

    鎌倉駅までは、JR横須賀線で。
    江ノ電・湘南モノレールを使って主要な観光地を巡ることができます。

  • 鎌倉といえば、「大仏様」

     

    正式名は、「高徳院阿弥陀如来坐像」親指の周囲でさえ85センチもある巨像。仰ぎ見る偉容だが、お顔だちは温和。

  • 長谷寺「観音様」

     

    長谷寺にある巨大な観音様は木造では日本最大といわれる。観音様を拝観した後は休憩所でゆっくりと海の風に吹かれよう。ここの景色は鎌倉を一望できるスポット!!

  • こちらも外せない「鶴岡八幡宮」

     

    国重要文化財の本宮や若宮をはじめ、由緒ある社殿が数々ある。源平池の蓮は夏が見ごろ、春牡丹や正月牡丹楽しめる。

  • 建長寺で禅の心を「座禅会」

     

    毎週金・土曜日夕方5時から6時。説明・読経・坐禅を行います。
    またこちらには、鎌倉三大鐘のひとつ、梵鐘がある。

  • 紫陽花に囲まれて「明月院」

     

    あじさい寺の呼び名の通り、薄紫色の化粧を施した初夏の明月院参道は見事のひと言。

  • 花の名所「北鎌倉寺院巡り」

     

    鎌倉五山のうち建長、円覚、浄智の三カ寺が集まる北鎌倉。花の名所でもあります。また、JR北鎌倉駅から浄智寺のほてい様をお参りし、鶴岡八幡宮の弁天様をお参りし、宝戒寺のびしゃもんてん様、 妙隆寺のじゅろうじん様、本覚寺のえびす様、長谷寺のだいこく様、御霊神社のふくろくじゅ様へ。約5kmの道のり、ご利益がありそうです。

  • 捕れたての「生しらす」は絶品!!

     

    湘南しらす漁は、3月頃解禁になる。
    そもそも、しらすは、主にイワシの稚魚のこと。鮮度が第一の魚で、昔はほとんど 釜上げやシラス干し、たたみイワシで食べた。現在は水揚げ港のそばでは生で食べられるところもある貴重なもので、当日分がなくなると、売り切れとなるので、ご注意を。

  • スラムダンクでも江ノ電に乗っています。

     

    鎌倉駅を出発し、家並みの軒先をかすめながら進んでゆく。周囲の人びとにとり、線路は重要な生活道路でもある。極楽寺のトンネルを抜け稲村ガ崎駅を過ぎると、目の前にサーッと広がる青い海。その爽快感が堪らない。窓から七里ガ浜、江の島、富士山が見えたら、それは鎌倉を代表する風景との出合い!!

1/2