Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

いざ鎌倉!!七福神巡りよし。海の幸よし。おしゃれなお店でお買い物してもよし。

  • kon3更新日:2014/03/25

view127

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 鎌倉は都心から一時間というアクセスがよく、気軽にお出かけができて、「食べる・飲む」「買う」「知る・見る」「習う・体験する」「歩く・回遊する」「泊まる」何でもできてしまい、訪れるとどこかほっとする場所です。季節毎にテーマを決めて訪れてみては?

  • 江ノ電がもなかになっちゃった!!

     
     

    江ノ電の車輛がお店の入り口にでんと構える「扇屋」さん。
    ◇青電:ゴマの入った胡麻餡
    ◇赤電:梅肉の入った梅餡
    ◇新電:ゆずの香りのゆず餡
    ◇チュコ電:漉し餡に求肥の入ったもの
    ◇江ノ電:粒餡の求肥の入ったもの
    以上の5種類の味が楽しめます。
    1個  130円
    10個入り詰合せ 1,300円

  • 木立の中でいただく落ち着いたカフェ「松原庵 カフェ」

     
     

    おそば屋をメインとした料亭「松原庵」に隣接しているカフェ。コーヒー・紅茶にスコーンやクロッカンなどデザートがあります。

  • あの分厚いパンケーキが忘れられない「イワタ珈琲店」

     
     

    昭和23年創業、ジョン・レノンとオノ・ヨーコが訪れたことでも知られる鎌倉駅前のレトロモダンなカフェ。名物はなんと厚さ約5cm、30分ほどかけてじっくりと焼き上げる極厚パンケーキ!焼き目はさっくり、口にすればふんわりとろける美味しさは、ここでしか味わえない。

  • 注文をうけてから葛粉を溶き、一人分ずつ手作り「みのわの葛切り」

     
     

    昭和46年創業。名物のくずきりは注文を受けてから葛粉を溶き、一人分ずつ作る。弾力ある口当たりとすっきりしたのど越しが楽しめる逸品。くずきりだけではなく、上品な甘さの黒蜜や、寒天・白玉等の素材も、毎朝店主自ら仕込んでいる。庭園を眺めながらくずきりで和めば、ゆったりとした気持ちになれそう。

  • 朝からサーファーがたくさん「稲村ケ崎」

     
     

    一説によれば、日本のサーフィン発祥の地は鎌倉ともいわれているそう。昭和初期、鎌倉の海遊びのひとつに、波乗り板「フロート」というものがあり、これは外国人が持ちこんだサーフボードが鎌倉の波には向かず、試行錯誤の末に地元の人びとが考案したもの。中を空洞にした木製のソリのようなもので、遠浅の海を滑ったという。

  • 手仕事で仕上げた雑貨を扱う「暮らしのもの 十和(towa)」

     
     

    一坪強の店内には、店主の「日々の暮らしをほんの少し豊かに」という思いからセレクトした品々が所狭しと並ぶ。 使い心地のよい、長く使いたくなるような、職人が丹精こめて作った雑貨は、どれも凛とした佇まい。

2/2