Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

古河文学館で、古河市ゆかりの日本作品を味わってみませんか、

view23

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 古河文学館では、歴史小説家の永井路子、古河市ゆかりの小説家、詩人、歌人、児童文学者の肉筆原稿と貴重資料の展示がメインです。絵雑誌「コドモノクニ」に関連した資料も展示しています。

  • 茨城県内初の文学館が、平成10年に開館

  •  
  •  
  • コンサートや詩の朗読会などにも使用されるサロンや講座室もあり、過去の歴史ではなく、現在に通じる時用法発信の役割も担っています。

  • 2Fには素敵なイタリアンのレストランが

  •  
  •  
  • 蓄音機のあるサロンだけでなく、本を読んだり、句会や文学の講義したり出来る部屋もあります。

  • 古河文学館について

  •  
1/3