Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

20140328
 

古河文学館で、古河市ゆかりの日本作品を味わってみませんか、

view23

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 古河文学館では、歴史小説家の永井路子、古河市ゆかりの小説家、詩人、歌人、児童文学者の肉筆原稿と貴重資料の展示がメインです。絵雑誌「コドモノクニ」に関連した資料も展示しています。

  •  
  • 古河文学館から北へ500mほど離れています。江戸町通りに面していて、歩いてちょっとの距離です。

  • 永井路子とは

  •  
  •  
  • 『毛利元就』の原作として、ドラマ化された時、初めて私は知りました。

  • 永井 路子の著書

  • 「永井史観」ともよばれる独自の歴史解釈をもとに描かれた作品を堪能してもいいかもしれませんね。

  • 古河文学館ホームページ - 古河市