Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

国立国際美術館で心も美しく磨こう♪

大阪中之島にある国立国際美術館。
女性にも人気の美術館で心も美しく磨こう!
周辺にも魅力的なスポットが多い中之島へ出かけよう!

  • eve更新日:2014/03/01

view85

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 国立国際美術館のある場所

  • 国立国際美術館

     

    〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55 
    TEL:06-6447-4680(代)

    10:00~17:00
    金曜日は、10:00~19:00
    入館時間は閉館時間の30分前

    休館日:月曜日
    月曜日が祝日の場合は開館し、翌日火曜日が休館

  • 国立国際美術館は、1977年、国内外の現代美術を中心とした作品を収集・保管・展示し、関連する調査研究及び事業を行うことを目的として開館しました。
    出典 :美術館の歴史 | 美術館について | NMAO:国立国際美術館
  • アクセス

  • 京阪中之島線 渡辺橋駅(2番出口)より 南西へ徒歩約5分:淀屋橋駅(7番出口)より土佐堀川を越え西へ徒歩約15分
    地下鉄四つ橋線 肥後橋駅(3番出口)より西へ徒歩約10分:御堂筋線 淀屋橋駅(7番出口)より土佐堀川を越え西へ徒歩約15分
    JR大阪環状線 福島駅/東西線 新福島駅(2番出口)より南へ徒歩約10分
    中之島ループバス「ふらら」
    淀屋橋駅(4番出口)西へ100メートル「淀屋橋」(土佐堀通/住友ビル一号館前)より「市立科学館・国立国際美術館前」下車すぐ
    市バス;JR大阪駅前より53号・75号系統で「田蓑橋」下車、南西へ徒歩約3分
    駐車場はありません。:近隣の駐車場利用

  • B3Fでの年間スケジュール

  • アンドレアス・グルスキー展

     

    2014年2月1日(土)-5月11日(日)
    B3F

    一般1500円
    大学生1200円
    高校生800円

    現代写真の巨匠アンドレアス・グルスキー(1955年 ドイツ生まれ)の待望の日本初個展を開催いたします。ベッヒャー夫妻に学んだグルスキーの初期の作品から、日本で撮影された《カミオカンデ》や《東京証券市場》など、約50点により、その全貌をご紹介します。

  • アンドレアス・グルスキー

     

    ドイツの現代写真を代表する写真家、アンドレアス・グルスキー(1955年-)による日本初の個展

  • ドイツ写真の伝統から出発したグルスキーは、プリントの大型化をリードし、またデジタル化が進んだ現代社会に相応しい、すべてが等価に広がる独特の視覚世界を構築し、国際的な注目を集めてきました。

    本展覧会には、1980年代の初期作品に始まり、《99セント》(1999年)、《ライン川Ⅱ》(1999年)、《シカゴ商品取引所Ⅲ》(1999年)、《F1ピットストップⅣ》(2007年)、《ピョンヤンⅠ》(2007年)、日本で撮影した《東京証券取引所》(1990年)や《カミオカンデ》(2007年)といった代表作から、最新作《カタール》(2012年)にいたるまで、グルスキー自身が厳選した約50点の作品が一堂に会します。衛星からの画像を基にした「オーシャン」シリーズ(2010年)や、川面を写す「バンコク」シリーズ(2011年)など、その作品は近年ますますコンセプチュアルな様相を強めています。同時に、まるで抽象絵画のような写真は、写真を使った画家とも言えるグルスキーが開拓した新たな境地を伝えています。
    出典 :B3階【アンドレアス・グルスキー展】 | 現在の展覧会 | 展覧会 | NMAO:国立国際美術館
  • ノスタルジー&ファンタジー 現代美術の想像力とその源泉

     

    2014年5月27日(火)-9月15日(月・祝)

    現代アートと懐かしさ。この不思議な組み合わせをテーマに、独自のイメージ世界を展開して注目を集めるアーティスト達の多彩な作品を紹介します。出品作家は、横尾忠則、北辻良央、柄澤齊、棚田康司、淀川テクニック、須藤由希子、山本桂輔、小西紀行、小橋陽介、橋爪彩の10組。

1/2