Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

6月と言ったらあじさい♪東京で綺麗なあじさいが見られるスポットはどこ?

梅雨の時期になるとあじさいが見頃の時期を迎えます。東京でも多くの場所であじさいを見ることができますが、今回はその中でも特に人気のスポットを紹介します。とっても綺麗なのであじさいを見るというデートにもおすすめです。

view37

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 実は地味なあじさいの花

  • あじさい

     

    一見、華やかに見えるあじさいですが、実はこれは花ではないって知っていましたか?

  • 6月になるとあちこちであじさいの花を見かけることが多くなりますよね。

    多くの人は味さの花は華やかな花弁がたくさんついていると思っているようですが、実はあじさいの花はとっても地味で、私たちが「花」と思って見ている部分は実は花の部分ではないのです。それは装飾花と呼ばれる花に扮した部分なのです。

    そう言われて見たら、一般的な花の花弁とは何かが違うな、と思いませんか?
    また、あじさいには青色とピンクの2色がありますが、これは土壌の酸性度によって異なることが多いようです。

    もちろん、品種によってはこの限りではありませんが、あじさいの色は遺伝的に決定しているのではなく、環境によって変わるものなのです。

    また、日本では比較的ありふれたあじさいですが、実は多くの水が必要なため、ほとんど手入れをしなくとも咲くというというのは日本のように降水量が多い土地だからであり、水やりをせずに花を咲かせるのは世界的には珍しいことです。

    このあじさいは寺でよく見ることがありますが、東京ではどんな場所で綺麗なあじさいを見ることができるのでしょうか?
    おすすめの場所を紹介します。

  • 第32回文京あじさいまつり

     

    【期間】 平成28年6月11日(土曜日)~19日(日曜日)
    【会場】 白山神社(文京区白山5-31-26 [白山神社の地図])及び白山公園(文京区白山5-31[白山公園の地図])
    【お問い合わせ】 文京区観光協会(03-3811-3321)

  • 府中市郷土の森 あじさいまつり

     

    開催期間:2016年5月28日(土曜日)~2016年7月3日(日曜日)
    住所: 〒183-0026 東京都府中市南町6−32
    電話:042-368-7921

  • 東京都で綺麗なあじさいが観れる時期と場所といえば、やはり「第32回文京あじさいまつり」「府中市郷土の森 あじさいまつり」でしょう。

    この二つのあじさいまつりが行われる白山公園と府中市郷土の森はいずれも都内屈指のあじさいの名所として知られています。

    どちらも色とりどりのあじさいがあり、あじさいの奥深い綺麗さが本当によくわかります。

    多くの花は晴れている時の方が綺麗で生き生きしていますが、あじさいに限っては雨の日でも、その鮮やかさが損なわれることがないため、7月中旬くらいまでしっかりと美しさを堪能することができます。

  • 国営昭和記念公園

     

    所在地:東京都立川市/昭島市

  • 国営昭和記念公園はあじさい以外にも多くの草花で有名ですが、あじさいの美しさもかなりのものです。

    こちらのあじさいは一般的なあじさいに比べて、花弁にように見える部分が大きめで色も強いため、あじさいと気がつかない人もいるようです。
    ただ、発色はとても鮮やかで、多くの人の愛される花です。