Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

ドラマ「僕のいた時間」のロケ地をおでかけする

ハチャメチャ弁護士のリーガル・ハイ2が終わって、続いたドラマ。フジテレビの「僕のいた時間」は、主人公の若者(三浦春馬)が体中の筋肉が次第に衰えてやがては死に至るALS(筋萎縮性側索硬化症)と呼ばれる神経難病の患者になり、残された日々を懸命に生きる物語、フィックションと分っていもおでかけ。

view441

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • フジテレビ系毎週水曜よる10時ドラマ 「僕のいた時間」主題歌が耳に残った人もいるのでは。

  • ドラマの主人公を知ろう。

  • 突然姿を消した拓人(三浦春馬)は、降りしきる雨の中、車椅子ごと転倒し、病院に収容される。駆けつける恵(多部未華子)、守(風間俊介)、陸人(野村周平)、佐和子(原田美枝子)、昭夫(小市慢太郎)。「今は、拓人さんが周りの人たちと一緒に生きている幸せを実感できるよう、1日、1日を積み重ねていくことに専念しましょう」。主治医の谷本(吹越満)は、恵たちにそう伝える…。
    出典 :僕のいた時間 - フジテレビ
  • 僕のいた時間

  • もしも人生を変えるほどの病気やけがをしてしまったとしても、前向きに生きられるのだろうか。

  • 「生きるって、覚悟だと思った。」

  • 『僕のいた時間』(ぼくのいたじかん)は、フジテレビ・共同テレビの制作で2014年1月8日から毎週水曜日 22:00 - 22:54[注 1](JST)に放送されている日本のテレビドラマである。主演は三浦春馬[1]。キャッチコピーは「生きるって、覚悟だと思った。」「全力で、生きてやる。」。
    出典 :僕のいた時間 - Wikipedia
  • 僕のいた時間

  • ドラマ「僕のいた時間」ロケ地①

  • 澤田拓人が足をつったフットサル場

    東京都杉並区成田東四丁目:FUTSALPLUS阿佐ヶ谷

1/3