Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

ドラマ「僕のいた時間」のロケ地をおでかけする

ハチャメチャ弁護士のリーガル・ハイ2が終わって、続いたドラマ。フジテレビの「僕のいた時間」は、主人公の若者(三浦春馬)が体中の筋肉が次第に衰えてやがては死に至るALS(筋萎縮性側索硬化症)と呼ばれる神経難病の患者になり、残された日々を懸命に生きる物語、フィックションと分っていもおでかけ。

view439

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ドラマはフィックションだけど、本当に同じ立場になった時、自分はどちらを選択するのだろうというのが、本当のテーマで、誰もその時まで答えを出せないかもしれませんが、答えを出さなければいけないんですね。おでかけしながらちょっとかんがえてみるのもいいかも。

3/3