Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

思いっきり笑いたい!だから!【寄席】に行ってみたい!上野・浅草編

日曜日の夕方になると、なんだかリモコンに手が伸びて
気が付くと見ている「笑点」
思わず笑ってしまいませんか?
もっともっと話芸で笑ってみませんか?
いつでも落語が楽しめる寄席が都内にありますよ
今回は定席の落語寄席の中でも下町「上野」「浅草」にある2件をご紹介します。

view86

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寄席って?

  • すっごく楽しいところ!
    時間ができたときにふらっと出かけて、飲んだり食べたりしながら、涙出るほど笑ったり、じぃ~んときて涙したりして、帰るときにはすっかり幸せな気分になってること請け合い。
    出典 :寄席へ行こう!
  • 真打ち(テレビに出るような有名な噺家)の他に、その下の二ツ目(ふたつめ)、さらにその下の前座の噺家も観る事ができます。また、落語の他にも講談や漫才、手品、漫談などの演芸も楽しむ事ができます。
    出典 :落語初心者におすすめ情報
     

    落語だけではない。
    まさに、笑点は寄席の縮図なのかもしれません。

  • 飲食自由・持ち込み可(アルコールもOKのところも!)。椅子の背に折り畳み式のテーブルがついているところも多く、開演中も飲んだり食べたりできるのも楽しみのひとつです。なんだか昔の芝居小屋みたい!
    出典 :寄席へ行こう!
  • 原則毎日やってるのが定席で
    一月を3つに分けまして
    上席(1~10日)中席(11~20日)下席(21~30日)
    31日ある月は余った一日で余一会と言うのをやるんですよ
    出典 :寄席の楽しみ方 :: れでぃすのハードな毎日|yaplog!(ヤプログ!)byGMO
     

    東京で「定席」なのが、今回紹介する「上野」「浅草」と「新宿」「池袋」の3箇所です。

  • 【落語基礎講座】第07回『寄席の楽しみ方』 Rakugo Basic Lesson

     

    寄席の楽しみ方を落語家の方が丁寧に解説しています。
    難しくない。肩肘はらなくていいんだってわかります。
    初めて行くのはドキドキしますから、予習しておくといいかもです!

  • 末広亭と浅草演芸ホールなんて昼夜の入れ替え無しなんで
    その気になればず~っといられます。。。
    出典 :寄席の楽しみ方 :: れでぃすのハードな毎日|yaplog!(ヤプログ!)byGMO
     

    いつ入っていつ出てもいいのが寄席

  • 上野:鈴本演芸場

  • 鈴本演芸場

     

    上野公園からすぐ。
    ABAB向かいにあります。

  • 江戸末期の安政4(1857)年に誕生し、今に続く日本最古の寄席。落語はもちろん、漫才、曲芸など、日本の各種芸能を楽しむことができる。内容構成はバラエティー豊かだ。
    出典 :鈴本演芸場(東京都台東区)の情報 - MAPPLE 観光ガイド
     

    ビルの中にある寄席ですが歴史はとても古いんです。

1/3