Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

関東で人気の花火大会が続々と♪やっぱり夏は外せないのはこのイベント!

花火大会は大人から子供まで楽しめる夏のイベントですよね。関東では大小、多くの花火大会が開催されますが、その中でも特に人気の花火大会があります。大会の特徴を2016年の開催日程とともに紹介します。お出かけの参考にしてくださいね。

view42

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 第38回足立の花火

     

    東京都足立区
    荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)

    2016年7月23日(土) 19:30~20:30

  • 東京の夏の夜に艶やかな花を咲かせる一番の乗りの花火大会である「第38回足立の花火」は、多くの人が注目する花火大会です。

    いち早く花火大会のシーズンを知らせる「第38回足立の花火」は盛大に約1万3500発の花火が打ち上がります。

    その歴史は100年ほどもあり、長く地元の人に愛されるイベントで、観客のリクエストに答えるコーナーを用意するなど、見ている人を楽しませる気持ちが伝わる花火大会としても満足度の高い花火大会の一つとなっています。

  • 第39回隅田川花火大会

     

    東京都墨田区
    桜橋下流~言問橋上流(第一会場)、駒形橋下流~厩橋上流(第二会場)

    2016年7月30日(土) 19:05~20:30

  • そして、関東の花火大会の代名詞とも言える存在の「第39回隅田川花火大会」も人気の花火大会です。

    伝統と格式のある花火大会と言われる「隅田川花火大会」は隅田川にある二つの会場から打ち上げられます。

    第一会場は約9350発、第二会場からは約1万650発が打ち上げられ、それぞれ花火コンクール玉とスターマインが中心となり、見ている人を飽きさせない工夫がなされています。

    「隅田川花火大会」はテレビ中継をされることもあるので、家でじっくり楽しむという人も多いようですが、やはり花火はその美しさと迫力の音を聞いてこそ、感動がより強くなるものです。

    ぜひ、生の花火の色、音、匂いを体感することをおすすめします。

  • 第31回神奈川新聞花火大会

     

    神奈川県横浜市西区
    横浜みなとみらい21 前面海上

    2016年8月2日(火) 19:00~20:00

  • 神奈川でもっとも人気のある花火大会といえば、「神奈川新聞花火大会」でしょう。

    1万5000発を超える花火が打ち上がるこの花火大会は、花火そのものの美しさはもちろん、横浜ランドマークタワーや大観覧車「コスモクロック」など横浜の美しい夜景に、まさに花を添える絶景となります。

    この絶景を見るために、地元の人はもちろん、県内外から多くの人が訪れます。

    周辺では交通規制が行われるため、毎年大混雑になるため、訪れる際には車よりも公共交通機関の利用が推奨されています。

  • ふなばし市民まつり 船橋港親水公園花火大会

     

    千葉県船橋市
    船橋漁港内

    2016年7月27日(水) 19:30~20:30

  • 一方、千葉で人気の花火大会「ふなばし市民まつり 船橋港親水公園花火大会」はとってもユニークな事で知られています。

    こちらも半世紀ほどの歴史ある大会ですが、格式よりも、個性的な花火が多く上がることで知られ、そのユニークさが多くの人の親しまれています。

    もっとも特徴的なのは花火のテーマがはっきりしていることです。
    今年のテーマはオーケストラであり、夜空をステージに見立てて、どんなオーケストラの饗宴を楽しむことができるのか、今から楽しみですね。

  • 第67回熊谷花火大会

     

    埼玉県熊谷市
    荒川河畔(荒川大橋下流)

    2016年8月13日(土) 19:00~21:00

  • 埼玉県の花火大会、「第67回熊谷花火大会」もその人気と話題性では負けていません。

    熊谷の花火大会の歴史は古く、記録によると昭和9年から行われていたことがわかっています。戦時中には一時中断されていた時期もありましたが、昭和23年には戦災復興を願って「大熊谷復興煙火大会」が開催され、これを第一回として、今回で67回を迎えます。

    県内でもっとも歴史ある花火大会として、さらに約1万発を打ち上げる規模で、関東でも最大級の花火大会として知られています。

1/2