Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

富士山登山にむけて、装備のポイントは?

初めての人でも安心♪
経験も踏まえて、準備するものをまとめました!

view61

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 登山靴用、カバー

     

    気が付くと足じゅう砂ぼこりだらけになっています。
    溶岩が靴の中に入るのを防ぐためにも、
    カバーも用意しましょう

  • ストック

     

    経験したことのある方なら分かることですが、
    ストックがあるのと無いのとでは、疲れが全然違います。

  • ヘッドライト

     

    ご来光を見る場合は、暗い中を歩くことが絶対になるため、必須です。
    ですが昼間登るという方も、安全のために必ず装備しましょう。


    忘れがちですが、「替えの電池」!も必要ですね!

  • レインコート

     

    いつ雨が降るか分かりません。
    山頂付近は特に天気が不安定ですので、脱ぎ着のしやすいレインコートを準備しましょう。

  • レンタルがおすすめ!

     

    筆者も初登山の際はレンタルを利用しました♪
    何しろ装備に必要なものを一式貸してもらえるので準備が楽!!
    1度きりの登山であれば、買って揃えたらかなりの出費になりますからね…

    「登山」「レンタル」で検索!検索!

  •  

    重くなり過ぎない程度に、持てるだけたくさん持って行くことをおすすめします。
    最低でも500mlを3本以上は持っていきたいところ。

    もちろん、出たごみは自身で持ち帰りましょうね!

  • 脱ぎ着できる上着

     

    登山口と山頂付近、また、夜と日差しの強い日中では、体感温度に驚くほどの差があります。
    いつでも体温調節できるようにしておくことが必要です。

  • あると便利なもの

  • 食糧たくさん

     

    筆者の経験としては、おにぎりなどの炭水化物を持っていくと非常に助かります。
    常にお腹が空いている状態で動くことを想像してください。

    カロリーメイトや、ウィダインゼリーなどの非常食も持っていきましょう。
    山頂まで食糧がもつように、計画的に食べることも大切です。

  • 100円玉を中心とした小銭

     

    富士山の登山道にはトイレの設備がありますが、
    登山者の協力で成り立っているものなので、料金がかかります。
    小銭がないとトイレに入れませんので、
    事前に小銭をたくさん用意して出発されることをおすすめします。


    高山病防止のためにも、トイレはこまめに行くようにしましょうね!