Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

CNNのグルメ旅行すべき国のランキングで2位に☆いま注目のフィリピングルメ

2015年にCNNのグルメ旅行すべき国のランキングで2位となったフィリピングルメ。「食べたことない」、という人も多いかもしれませんが、実は日本の味に似ているものもあり、日本人の口に合う、美味しい料理がたくさんあります。そこで、今回はいま注目のフィリピングルメを紹介します☆

view27

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • CNNのグルメ旅行すべき国のランキング

  • 2015年6月15日、CNNでグルメ旅行すべき国のランキング2位に輝いたフィリピングルメ。当時は意外な結果と思われましたが、その後、フィリピングルメを食べてみた人の多くはその美味しさに納得したといいます。

    ちなみに、このランキングの1位は台湾、3位はイタリアでした。たしかに、前後にランキングされている料理に比べるとフィリピンは印象が薄い感じがしますよね。

    ただ、印象の薄さには理由があります。実はフィリピンには純粋なフィリピン料理というのがないからです。それでは何をもってフィリピン料理というのかというと、普段からフィリピンの人たちが好んでいるもののことをいいます。

    そのフィリピンは様々な国の影響を受けて、現地に定着した味であるため、フィリピングルメはどの国の人でも「これはイケる!」という味があるそうです。
    とくに、醤油を使う料理が多いため、日本人には受け入れやすい味です。

    今回は、いま注目のフィリピングルメでおすすめメニューを紹介します。

  • いま注目のフィリピングルメはこちら☆

  • (Sisig)シシグ

     

    フィリピン料理と言えば、シシグ。というくらいポピュラーで、万人受けする味。刻んだ豚肉をお酢、にんにく、唐辛子で炒めた鉄板料理です。
    熱々のうちに食べるのがポイントです。

  • カレカレ(Kare-kare)

     

    見た目だけなら、日本人にもっとも好まれそうなのはカレカレです。

    見た目も名前もカレーにそっくりなので、最初のフィリピン料理としてうっかり選ぶ人も多いそうですが、味はカレーとは似ても似つかない味です。

    このトラウマからフィリピン料理が苦手になってしまう人もいるそうですが、慣れると、とっても美味しいですよ。

  • アドボ (Adobo)

     

    フィリピン料理の代表的な煮物、アドボ。使うにくは鶏肉か豚肉です。どちらを醤油と酢の味付けで、日本人の舌にある味です。
    ご飯との相性も良いのも、人気の理由でしょう。

  • ハロハロ(haroharo)

     

    女性の中にはフィリピン料理といえば、ハロハロしか知らないという人もいるかもしれませんね。

    ハロハロはフィリピンの定番デザートで、日本のパフェとあんみつに似ています。ただ、全てをかき混ぜて食べる、という感覚は日本人にはあまりない感覚なので、お店によっては見た目に驚くこともあります。簡単に言うと、ココナッツ風味のパフェという感じ。とっても美味しいです。