Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

子供とお出かけ♪ミュージカル「アニー2014」

2014年4月26日(土)〜5月11日(日)青山劇場にて、8月以降は地方公演、クリスマス公演が決定しました!!日本初演から今年で29年目を迎え、これまでに約153万人が会場に足を運び感動の嵐です。お子様とミュージカルで感動した後は、おしゃれな青山カフェでゆっくりしてはいかがでしょう?

  • kon3更新日:2014/02/20

view246

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アニーのあらすじ

  • 舞台は1933年のニューヨーク。世界大恐慌直後の街は、仕事も住む家もない人であふれていました。誰もが希望を失っている中、11歳の女の子アニーだけは元気いっぱい。11年前、孤児院の前に置き去りにされた彼女ですが、必ず両親が迎えに来ると信じています。孤児院ではいつも、他の仲間達(ケイト、ペパー、ダフィ)が小さなモリーをいじめ、弱気なテシーは泣いてばかり。まじめなジュライは、行動力のあるアニーを心配しています。アニーは両親を捜すため、孤児院を飛び出しては連れ戻され、院長のミス・ハニガンにお仕置きされるという、つらい日々。
    出典 :★2014年丸美屋食品ミュージカルアニー★
     

    アニーのけなげな姿。

  • "Annie" (1982) - Tomorrow - YouTube

     

    主題歌として名曲の中の名曲です。アニーが自分の境遇を歌い、絶対に私のお父さんお母さんはすばらしい人よ。私は幸せになるの!希望はすてないは!明日になれば!明日がくれば!という気持ちを歌う歌です。訴えかけるように重ねて音程をあげていくフレーズが物語の高まりを確実なものにしています。舞台では、サンデイーを常に気にしながら歌わなくてはいけないので、その意味からも難しい主題歌です。

  • そんなある日、大富豪のオリバー・ウォーバックスが、毎年恒例のクリスマス・シーズンのボランティアとして、孤児をひとり自宅に招き、2週間のホリデーをプレゼントすることに。その孤児を捜して、秘書のグレースがアニー達の孤児院にやってきました。グレースに気に入られたアニーはウォーバックスの大邸宅に連れて行かれます。そこで出会ったウォーバックスは、家族の愛も息抜きも知らない孤独な仕事人間。ところが、遠慮なくコミュニケーションを仕掛けてくるアニーにペースを乱され、彼女と行動を共にすることに。
    出典 :★2014年丸美屋食品ミュージカルアニー★
  • 瞬く間に心を奪われたウォーバックスは、アニーを養女にしたいと考えますが、アニーは本当の両親と暮らす夢を諦めきれません。その強い気持ちに打たれたウォーバックスは経済力と人脈を駆使し、懸賞金をかけ彼女の両親を捜し出そうとします。それを知った孤児院の院長ミス・ハニガンと弟ルースター、その恋人のリリーは、懸賞金目当てにある計画を企て……。アニーの夢はかなうのでしょうか?
    出典 :★2014年丸美屋食品ミュージカルアニー★
  • Maybe (Annie) - YouTube

     

    みつかったとされる両親の元に行く時のアニーの複雑な気持ちを歌うメイビーです。今度のうちもいいうちに違いないと自分にいい聞かせるように歌います。しっとりした中にも悲しさと喜びを入れるという難しい歌です。

  • アニー誕生の歴史

  • 1924年、『アニー』は、新聞「ニューヨーク・デイリー・ニューズ」の連載漫画「ザ・リトル・オーファン・アニー(小さな孤児アニー)」として、誕生しました。
    出典 :★2014年丸美屋食品ミュージカルアニー★
     

    当初、原作者のハロルド・グレイは、大恐慌にあえぐ労働者階級の姿をとらえた風刺漫画を描く予定でしたが、直前で構想を変更。主人公に据えたのは、11歳の女の子アニーです。逆境にあっても前向きで、周囲の人まで変えてしまう彼女の明るいキャラクターは、当初は不況にあえぐ多くの人々の心を掴み、やがては生きることへの普遍の力として支持され、新聞連載はなんと1979年まで50年以上も継続し、その間にラジオドラマ化、映画化もされました。

  • 原作者のハロルド・グレイ

     

    Harold Lincoln Gray (1894年1月20日ー1968年5月9日)。主な作品は、アニーのもととなる「ザ・リトル・オーファン・アニー(小さな孤児アニー)」。彼は、彼は政治哲学を表現するために漫画を使用する最初のアメリカの漫画家であると考えられています。

  • 1977年トニー賞7部門受賞

     

    アメリカ演劇界最高の賞といわれるトニー賞7部門受賞し、昨年はブロードウェイでもリバイバル上演されるなど、世界各地で繰り返し上演され続け、国境や世代を超えて、世界中の人々に夢と感動を与え続けています。!!

1/3