Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

夏は妖怪の季節!ゲゲゲの鬼太郎ワールドでデートしてみませんか?

ゲゲゲの鬼太郎グッズや、妖怪ギャラリー、妖怪喫茶があるまさしくゲゲゲの鬼太郎ワールドの【鬼太郎茶屋】。妖怪の季節に是非訪れたい場所です。

  • Forti更新日:2014/07/17

view91

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげるによる日本の漫画作品。また、それを原作とした一連の作品群の総称。主人公の幽霊族の少年鬼太郎が妖怪達と繰りひろげる物語である。題名の由来は、作者が幼い頃に自分の名前を「しげる」と言えずに「ゲゲル」「ゲゲ」と言ったことから着想し、もう一つゲをつけたことによる。
    出典 :ゲゲゲの鬼太郎 - Wikipedia
  • 水木 しげる(みずき しげる、男性、1922年[1]3月8日 - )は、日本の漫画家。勲等は旭日小綬章。本名は武良 茂(むら しげる)。鳥取県境港市出身、東京都調布市在住。ペンネームは、紙芝居作家時代に経営していたアパート「水木荘」から名付けた。1958年に漫画家としてデビュー。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。
    出典 :水木しげる - Wikipedia
  • 長い間日本人に親しまれて来た「ゲゲゲの鬼太郎」。その作品の底に流れるテーマは「自然との共存」です。人や妖怪だけでなく、鳥や動物や虫たち、地球上に住む すべての生き物との共存が表現されています。そんな「水木ワールド」を水木氏の第二の故郷でもある都内でも有数な緑豊かな地域、調布市「深大寺」門前に 再現致しました。緑に囲まれた築40年余りの木造建築「鬼太郎茶屋」は、 訪れた皆様をきっと懐かしい世界に御案内し、自然の素晴らしさを体感させてくれることでしょう。
    出典 :鬼太郎茶屋 | 妖怪舎通信
  • 築40年以上の古い日本家屋で、 昭和の懐かしい佇まい

     

    ■住所 〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-12-8 
    ■TEL 042-482-4059
    ■アクセス
    ・電車の場合《京王線》
    1.「つつじヶ丘駅」北口より京王バス《深大寺行》終点横 約12分 2.「調布駅」北口より京王バス《深大寺行》終点横 約10分3.「調布駅」北口より京王バス又は小田急バス《三鷹・吉祥寺方面行》利用
    「深大寺入口」又は「深大寺小学校」バス停下車、徒歩5分
    《JR中央線》「三鷹駅」「吉祥寺駅」南口より京王バス又は小田急バス《調布駅北口行》利用
    「深大寺入口」又は「深大寺小学校」バス停下車、徒歩5分
    ・車の場合
    中央高速「調布インター」下車 国道20号から武蔵境通り左折
    ※有料駐車場 1日/700円

  • 鬼太郎とねずみ男のお出迎え

     

    ■営業時間:AM10:00~PM5:00 / 飲食のオーダーストップ PM16:30

  •  

    妖怪たちと写真撮影はいかがですか?

  • 1階にある妖怪ショップ ゲゲゲの森

  •  

    妖怪グッズが沢山ありますよ。
    ここでしか手に入らないものもあります。

  • 1階にある妖怪喫茶

  • 妖怪ビール

     

    ラベルがとてもレトロです。

1/3