Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

初心者でも楽しめる季節!「春の登山」に出かけてみませんか?

登山といえば夏や秋を思い浮かべる人も多いかと思います。
夏は涼しく、緑がまぶしい山々。
秋は美しい紅葉を眺めて、キノコ狩りなどの山の恵みが豊富です。
実は春の登山も、冬の厳しい寒さから生き返るようなエネルギッシュな景色があり、楽しめます。
登山が初めての方向けに春の登山の見どころと注意点をご紹介!

view91

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 2,000mを超える山々では、5月でもまだ雪山です。登山初心者には厳しい環境なので、雪のない山を選びましょう。  また、太平洋岸の低山でも、春先に低気圧が日本の南岸を通過するときには注意が必要です。雪が降ることがあるからです。
    出典 :はじめての登山 - 四季の自然と気象を知り、山歩きの計画を立てよう - 登山を始めるためのノウハウ&ハウツーが満載! Yamakei Online / 山と渓谷社
     

    平地の感覚で山に登るのは大変に危険です。
    登山情報がしっかりあるので、山頂の気温や気候をしっかりと事前に調べて、ムリのない登山を心がけましょう。
    自然とは厳しいものなのです。

  • 地域や標高など要因はさまざまですが、標高が低くても春山では残雪に注意が必要です。また、日陰には雪が多く残っていることもあります。最新のフィールド情報をチェックするとともに、軽アイゼンも用意しましょう。
    出典 :モンベル | オンラインショップ | 春山トレッキング ~おすすめ装備&フレンドエリア~
     

    アイゼンとは雪山を登るときにシューズに装着する鉄爪製のすべり止めです。
    軽アイゼンはこれの簡易版。手のひらサイズで靴の底に付けて使用します。
    少しの残雪でも転倒のリスクがあるので、注意して歩きましょう!

  • 朝晩や悪天候時にはかなり冷え込むことがありますので、夏山以上に防寒対策が必要です。一方で、日差しも日に日に強くなりますので、紫外線対策も万全にしましょう
    出典 :モンベル | オンラインショップ | 春山トレッキング ~おすすめ装備&フレンドエリア~
     

    山のぼりは基本的に時間がかかるものです。
    思いもよらないアクシデントなどで朝や夜まで時間がずれ込むこともあります。
    春山の朝晩は平地の冬並に寒いので、防寒対策が最重要です。
    また、防寒ばかりに意識が向かいがちだと思いますが紫外線にも気をつけなければいけません。
    高所ほどUVは強くなり、お肌に直接ダメージとなります。
    女性の天敵、UVをしっかりとカット!

  • 一般的に山の方が平地よりも風が強く吹き、さらに標高差100mにつき、気温も平均で0.5~0.6度下がるといわれています。汗が乾くと同時に、気化熱によってどんどん体から熱が奪われていきます。そこで、ウェアの素材やレイヤリング方法が安全で快適な登山のカギとなります。
    出典 :モンベル | オンラインショップ | 待ちに待った春! 低山トレッキングガイド
     

    服のなかに着るインナーも大変に重要です。
    何度もくどく言いますが、しっかりと準備をして登山に挑みましょう!

  • このように

     

    「春の登山」といっても低山、高山、気候など色々な所があり、その場その場で色々な注意点や下準備があります。
    そうは言っても、春は登山を初めるのにはとっても良い季節。
    ぜひともチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

2/2