Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

気分はプリンセス?!デートにもおすすめ!赤坂迎賓館♪

4月19日から一般公開されている赤坂迎賓館はデートスポットにもおすすめと話題になっています。もともと、国賓を迎える場所なので、その格式は世界レベルです。中はどのようになっているのでしょうか?また、周辺にあるデートスポットも紹介します。合わせて訪れて見てくださいね!

view28

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日本のおもてなしの心がここに!赤坂迎賓館

  • 迎賓館赤坂離宮

     

    所在地:東京都港区元赤坂2丁目1−1 迎賓館

  • ニュースでも度々取り上げられた赤坂迎賓館の一般公開は、それだけ意外なことでした。もともと、年に10日は公開されていた赤坂迎賓館ですが、今回のように年間を通じて公開されるような場所では本来ないからです。

    というのも、こちらの建物は日本人のためではなく、日本を訪れた各国の首脳や国の代表を接遇するためのものだからです。
    そのため、あまり内部を公開するとセキュリティー面でもリスクが高まることが予想されるからです。それでも、今回の公開となったのは日本がどのような施設は気持ちで各国の代表をもてなしているのかを知り、赤坂迎賓館という文化財を見ることでより日本への愛国心や愛着、誇りが生まれることが期待されています。

  • 施設目的

     

    赤坂迎賓館は、外国の元首や首相など、国の賓客の接遇のために設けられた宿泊のできる施設です。
    公式行事など国の外交の場として利用されています。

  • 外観はよく知られていますし写真などもよく出回っていますが、内部の様子はそれほど広く出回っていません。
    しかし、今回の公開に当たって、一部のエントラスの雰囲気のわかるものも公開されました。
    そして、その豪華な内装にお城のような雰囲気が漂っており、女性たちの心を躍らせたようです。その感動は実際に中に入ると、より一層大きくなるようですね。

  • 一般公開

     

    迎賓館赤坂離宮正門:事前申込不要で入場自由
    迎賓館赤坂離宮 本館及び主庭:定員あり・当日受け付け(先着)制と事前申し込み制の併用・有料

  •  

    高い天井と豪華な装飾が眩しい赤坂迎賓館の中。
    全体のデザインもとっても素晴らしいですね。

  • 赤坂迎賓館のあとはこちらもおすすめ♪

  • 赤坂迎賓館に訪れて優雅な気分になったあと、そのまま帰るのはちょっともったいないですよね。
    せっかくなら、気分の良いまま明治記念館やホテルニューオオタニ東京で庭園や食事を楽しんで見てはいかがでしょうか。赤坂迎賓館から歩いていける距離にある、この二つの施設は赤坂迎賓館と同じく格式があり、インテリアもゴージャスです。
    特に明治記念館の庭園はゆったりとした気分で散歩するにはぴったりの場所です。

    赤坂迎賓館後に、いつもよりもちょっとだけ背筋が伸びるような大人になった気分で、施設の雰囲気も料理も楽しめると思いますよ。

  • 明治記念館

     

    住所: 〒107-0051 東京都港区元赤坂2−2−23
    電話:03-3403-1171

1/2